和菓子の動画レッスン

蒸し器(金属製)の基本の使い方

蒸し器は和菓子作りに欠かせません。まんじゅう、もち、団子、ういろう、浮島、蒸し羊羹などなど、とにかくよく使います。

蒸し器の使い方を知っておくことは、和菓子作りにおいて重要なポイント。

今回は、蒸し器の中でも金属製(ステンレスやアルミタイプ)の基本的な使い方をご紹介します。蒸し器を使いこなして、和菓子作りを上達させましょう!動画もありますよ。

蒸し器の基本の使い方

蒸し器(金属製)の構造

蒸し器は2段構造。下段は湯を沸かす部分、上段に蒸す物を入れます。蒸し器は段数を重ねて(3段で)使用することも出来ます。ただ、上と下の段で蒸し時間や仕上がりに差が出るので、私は2段で使用しています。

蒸し器(金属製)の使い方を動画でチェック

蒸し器の使い方

1. 下段に水を入れる

蒸し器の下段に水を入れます。水の量は、蒸し器の7~8割ほどの高さ

水を目一杯に入れてしまうと、湯が蒸しものに当たり、水浸しになることも。また、水が少ないと、十分な蒸気が出ず、あるいは水が蒸発し空焚きになることもありますので、ご注意ください。

2. 沸騰させる

火にかけ、下段の水を沸騰させます。蒸し器は必ず沸騰した状態で使いますので、あらかじめ沸騰させておきます。

3. 蓋にツユ取りの布を巻く

金属製の蒸し器は、蓋から水滴が落ちるため、蓋に布(手ぬぐいやタオルなど)を巻きます。水滴が落ちるとせっかくの蒸し物が水浸しになることも。

4. 上段に蒸すものを置く

蒸し器の上段に、蒸すものを置きます。まんじゅうなどは、蒸し器の中に敷いたクッキングシートやさらし布の上に置き、型に入れて蒸すものは、型ごと入れます

5. 蒸す

蓋をして、蒸します。蒸し時間や火加減は、和菓子によって異なります。もちやまんじゅうは強火で、その他は中火が一般的です。

長時間蒸す場合(30分以上)は、下段の湯が無くならないように、あらかじめ湯を十分にいれておきます(高さ7~8割程度)

またまんじゅうなど、蒸して膨らませるものは、途中で蓋を開けないようにします。

蒸し器を使い終わったら、洗い、水気をふき取って、乾かしておきます。

おすすめの蒸し器はこちら

和菓子作りにおすすめの角型の蒸し器(金属製)

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です