【使い方コツ】「ステンレス蒸し器」の基本の使い方

和菓子作りに欠かせないのが、蒸し器。

まんじゅう、もち、団子、ういろう、浮島、蒸し羊羹など、いろいろな和菓子に蒸し器を使います。

和菓子を本格的に作りたい方は、ぜひ蒸し器を持っておきましょう!

今回は、蒸し器の基本的な使い方を動画と共にご紹介します。

 

蒸し器の基本的な使い方

和菓子作りにおすすめの蒸し器はこちら

【蒸し器選び】和菓子には角型の蒸し器がおすすめです

蒸し器の構造

蒸し器は2段構造。下段で湯を沸かし、上段に蒸す物を入れます。

  

蒸し器の使い方を動画で見る

 

蒸す前の下準備

蒸し器の下段に水を入れます。水の量は、蒸し器の7割ほどの高さまで入れておきます

火にかけ、沸騰させます

沸騰したら火を止めます。

蒸し器の蓋に布を巻きます。布はつゆ取り用(蓋から雫が落ちるのを防ぐ)です。

上段に蒸すものを置く

蒸し器の上段に、蒸すものを置きます。

まんじゅうはクッキングシートやさらし布の上に置き、蒸し羊羹などは型ごと入れます

蒸す

蓋をして、蒸します。

蒸し時間や火加減は、和菓子によって異なります。下記のレシピをご参考に

 

蒸し器を使う和菓子

大福

【大福レシピ】基本の大福の作り方

黒糖まんじゅう

黒糖まんじゅうの作り方

蒸し羊羹

栗蒸しようかんの作り方

 

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です