よもぎ餅(草餅)の作り方

よもぎ餅と草餅、どちらの呼び名が正解か?

昔々はよもぎでなくハハコグサ(母子草)を使ってていたため、草餅に。しかし「母と子を搗くのは縁起が悪い」とよもぎに変わり、よもぎ餅になったそうです。

今でも関東では「草餅」の方が多いですね。

春のよもぎのシーズンに、ぜひ手作りしてみませんか?よもぎは生ではなく、乾燥タイプを使います。

よもぎ餅の材料と道具

材料:4個分

<生地>
白玉粉:10g
上新粉:50g
湯  :50g
砂糖 :10g
ゆでたよもぎ:7~8g

<中餡>
つぶあん:80g(20g×4個)

<その他>
きなこ:適量

よもぎ餅の作り方

美味しく作るポイント

1. 強火で蒸す

よもぎ餅に限らず、もち全般に言えますが、蒸す際は強火で。特に上新粉が入ると、白玉粉よりも火が通るまでやや時間がかかるので、しっかりと強火で蒸してください。

2. しっかりとこねる

蒸しあがったもちは、ボウルに入れ、しっかりとこねてください。こねが甘いと、伸びがイマイチ。最初は木べらでこねながら、最後は手でしっかりとこねてください

1. 乾燥よもぎをゆで戻す

鍋に湯を沸かし、乾燥よもぎを入れ、5分ほどゆでてください。
(乾燥よもぎの量は、親指サイズのひと塊あれば十分です)

火を止め、ザルにあけておきます。

春は生のよもぎを入手できます!入手出来たらぜひ、生のよもぎでも作ってみてください

生のよもぎのゆで方

2. 生地を作る

白玉粉に水を加え、こねます。
※白玉粉の粒をしっかりとつぶしておきます

上新粉と砂糖を入れ、こね混ぜます。
※耳たぶの柔らかさになるまでよくこねてください

生地を4分割し、平たい小判型にします
(生地を小分けにして蒸すと、早く蒸し上がります)

3. 蒸す(強火/20分)

沸騰した蒸し器に濡らしたさらし布を置き、その上にもちをのせます。強火で20分蒸します。

4. 生地をこねる

蒸したもちをボウルに入れ、木べらでこねます。途中でよもぎを加えます。

最初は木べらでも、触れる温度になったら、手でもちが柔らかくなるまでしっかりとこねます

5. あんを包む

あんを4個分丸め、きなこ(大さじ1)をバットに置きます

手を濡らし、もちを4つに分割し、丸めます。

もちを広げ、あんをのせ、包みます。閉じ目は、指でつまんでおきます

包み終わったら、きなこにのせ、お好みできなこをふりかけ、完成です

賞味期限は2日。なるべくお早めにお召し上がりください。

よもぎについて

よもぎは、生のよもぎ、乾燥よもぎ、よもぎパウダーがあります。

生のよもぎはフレッシュさと香りのよさが特徴。春の一時しか入手できず、スーパーなどにはありません。

一方、乾燥もしくはパウダーは製菓材料店で購入できます。手軽にいつでも買えるので、便利。おすすめは富澤商店の乾燥よもぎ。ゆで戻して使っています。

乾燥よもぎ(青森県産)

よもぎ餅の作り方、動画もあります

柔らかめのよもぎ餅レシピ

よもぎ餅の作り方|もち柔らかめのレシピ

よもぎが余ったら、活用レシピ

よもぎミニシガールの作り方
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。