生のよもぎのゆで方

春、生のよもぎが手に入る時期に、よもぎをゆでて団子を作ってみませんか?

昔はよもぎを摘みに野原や河原へ行きましたが、街中に住んでいるとよもぎ摘みも難しいもの。

今はネットで新鮮なよもぎを購入出来ます!

チャレンジしてみてください。

よもぎのゆで方

材料:白玉団子4個分

・よもぎ1~2束
・塩:少々

※よもぎが無い場合は、春菊で代用できます



・白玉粉:20g
・水:16g程度
・ゆでたよもぎ:6g程度

道具

・鍋
・ボウル

生のよもぎのゆで方

1. よもぎを洗い、葉を取る

よもぎを洗います。葉の部分を摘み取り、ボウルに入れます

春菊を使う場合も、洗ってから、葉の部分を摘み取ります

2. ゆでる

鍋に湯を沸かし、塩をひとつまみ入れ、葉を入れます

中火で3分程ゆでてください。

3分たったら、ザルに入れ、冷水に浸します

※春のよもぎはアクが無いので、重曹を入れずにゆでても大丈夫です

3. 刻む

包丁で粗く刻みます。あまり細かく刻むと、よもぎの食感が無くなるので、粗目にカットするのがおすすめです

軽く水気を絞ります(絞り過ぎると、緑色が薄くなるため、絞り過ぎないように)

4. 生地に入れる

白玉粉に水を加え、こねたものに、よもぎを6g程度加え、こね合わせます

まんべんなく混ざったら、丸めます

沸騰した湯に団子を入れ、ゆでたら出来上がり。つぶあんをのせて、ぜひお召し上がりください!

春のよもぎはアクが少なく、その分よもぎの香りや味も薄めになります。しっかりとよもぎの香りや味を出したい場合は、乾燥よもぎを使うのがおすすめです。私もよもぎ餅を作る際は、いつも乾燥よもぎを使っています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。