みたらし団子の作り方

昔ながらの歯ごたえありの団子と、もっちり柔らかタイプ、どちらがお好みですか?上新粉で作るとしっかり固めに、上新粉と白玉粉で作ると柔らかくなります。

今回のレシピは、もっちり柔らかタイプをご紹介。作り方は簡単。粉をこね、ゆで、焼くだけ。蒸し器不要。鍋があればOK。時間も15分もあれば大丈夫です。

ぜひお試しください。

みたらし団子の材料と道具

材料:2串分

〇生地
・白玉粉:25g
・水:22g
・上新粉:25g
・湯:22g

※上新粉と白玉粉の違いは【材料の基本】米粉について学ぼう!をご参考に。

〇みたらしのたれ
・砂糖:30g
・醤油:20g
・葛粉:4g
・水:40g

道具

・鍋
・ボウル

みたらしだんごの作り方

美味しく作るポイント

1. 白玉粉には水、上新粉には湯を加える

白玉粉はもち米、上新粉はうるち米の粉。おのずと粉の性質が異なります。

水分を加えてこねる際は性質に合わせて、白玉粉には水を、上新粉には湯を加えてこねます。

2. 団子をゆでる際の火加減は、弱~中火

団子を強火でゆでると、中まで十分に火が通らずに浮いてくることも。

ゆでる際は、弱~中火で。じっくりと火を入れることで、団子は柔らかくゆであがります。

1. 白玉粉と上新粉を練る

白玉粉には水を、上新粉には湯を入れ、こねます。それぞれ柔らかくなったら、2つを合わせ、こね合わせてください

2. 団子を丸める

団子を6~8個に分け、丸めます

 

2. ゆでる(弱火)

鍋に湯を沸かし、沸騰したら団子を入れます。団子を入れたら火を弱め、団子が浮くまでゆでます

ゆであがったら、団子を冷水に入れ、冷やします

3. 団子を串に刺す

ボウルの水を変え、団子のぬめりを取ります。

串を軽く濡らし、一玉ずつ指します。一番上の団子が串のから出ないように気を付けます

4. 団子を焼く

フライパンを温め、団子の表面に焼き目をつけます

5. みたらしのタレを作る

葛粉に水を加え、葛粉を溶かします

鍋に醤油、砂糖を入れ、さらに茶漉しを使い、葛液を漉し入れます

火にかけ、透明なツヤのある状態になったら、火を止めます

 

余熱で固くならいよう、すぐにボウルに移します

 

団子にみたらしのタレをかけ、完成です。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です