そば粉を使った和菓子の作り方①:そばぼうろ

そばを使った和菓子の中で一番好きなのが「そばぼうろ」。特に京都・かわみちやさんのそばぼうろが好きです。

しかし、手作りしても意外や意外!お店の味に負けない美味しいぼうろが出来上がります。そばの香ばしさや、ざっくりとした生地の食感が美味しくて、ついついポリポリが止まりません。作り方はとても簡単。ぜひお試しください。

調理時間:60分

そばぼうろの材料:約20枚分

<生地>

・そば粉:15g

・薄力粉:25g

・砂糖 :20g

・全卵 :12-13g

・重曹 :0.4g

<手粉>

・薄力粉

そば粉は、石臼挽きの挽きぐるみや抜き実挽きなどがオススメです。更科粉で作ると、ややそば感が欠けてしまいます。

1. ぼうろ生地を作る

ボウルに卵を入れ、砂糖を加え、ホイッパーですり混ぜます。卵がやや白っぽくなったらOKです。

重曹を微量の水で溶き、卵のボウルに加え、軽く混ぜておきます。

続いて、薄力粉とそば粉を別のボウルにふるっておきます。ふるった粉を卵のボウルに加えて、ホイッパーやゴムベラでさっくりと混ぜ合わせます。

粉が見えなくなるまで混ぜますが、多少粗い状態で混ぜるのを止めます。

2. 生地を休ませる

生地を冷蔵庫で30分から1時間、休ませます

 

3. オーブンを予熱する(180℃)

 

4. 生地を型抜きする

シリコンマットやまな板の上に手粉として、薄力粉を敷きます。

薄力粉の上に、ぼうろ生地をのせます。生地がやや固くなっているので、軽く練ります。やや柔らかい状態になったらOKです。

麺棒で生地を厚さ3~4mmに広げます。

クッキー型や野菜の抜型で、生地を抜きます。約20枚前後を抜くことができます。

生地を一度に抜くことはできないので、残った生地を集めて、もう一度練り、麺棒で広げて型で抜きます。

 

5. オーブン(180℃)で10分焼く

オーブンシートに生地をのせます。生地と生地の間は1cmほどスペースを空けておきます。

オーブン180℃で10分焼きます。

 

6. 冷ます

オーブンから取り出します。

焼き上がりはやや柔らかいので、2~3分そのまま置いておきます

生地が固くなったら、ケーキクーラーにぼうろをのせ、冷まします

冷めたら完成です。保管はタッパーなどに入れ、乾燥した所に置いてください。

5日程、おいしく食べられます。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です