松風のレシピ/作り方

2019年もいろいろな和菓子を食べましたが、ベスト オブ 2019 は、京都・松屋藤兵衛さんの味噌松風。噛み締める度に、じゅわっと味噌の旨さを感じる焼き菓子。麦芽糖で発酵させて作るそうです。あの絶妙な甘さは、発酵ゆえになせる技なのですね。

本格的な松風作りとまでは行きませんが、同じような材料で、重曹で膨らませるレシピを作りました。

調理時間:60分

松風とは?

 

小麦粉、砂糖、水飴、白味噌などを材料に、ケシの実やゴマをのせて焼いたお菓子。薄い板のような形と、カステラのような形があります。

表は焼き色が濃く、裏は模様も何もないので「裏寂しい」→「浦寂しい」と掛けて、縁語の「松風」と名付けられたそう。松風という言葉は能の謡の「村雨松風」に由来しています。

松風の材料と作り方

材料:玉子豆腐器(12×7.5cm)1缶分

・白味噌:25g
・上白糖:40g
・水  :50g
・水飴または蜂蜜:3g
・重曹 :1.5g
・薄力粉:60g
・黒ごま:少々
・みりん

松風の作り方

1. 味噌、砂糖、水を合わせる

鍋に白味噌、砂糖、水を入れ弱火にかけ、混ぜます(味噌と砂糖を溶かすため、火にかけます)。砂糖が溶けたら火をとめ、ボウルに入れて冷まします

2. 水あめまたは蜂蜜を加える

ボウルに水あめまたは蜂蜜を加えて、混ぜ合わせます

3. 重曹を加える

微量の水で溶いた重曹を加えて、混ぜます

4. 薄力粉を加える

薄力粉をふるい入れ、ホイッパーで混ぜ合わせます

5. 生地を休ませる(~30分)

ボウルにラップをかぶせ、乾燥しないように、30分ほど休ませます

6. 焼く(170℃/20分)

型に生地を流し入れ、黒ごまを上面にまぶします

オーブンに入れ、20分焼きます。

7. みりんを塗り、ツヤを出す

焼き上がった松風の表面に、みりんをハケで塗って完成です


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です