黄金芋の作り方

黄金芋は、さつまいもの形をしたさつまいも餡入りの焼き菓子。生地のまわりにシナモンをまぶします。このシナモンとさつまいもが合うのですね。

東京は人形町の壽堂さん。黄金芋で有名なお店ですが、店先10m手前からシナモンの香りが漂うほど、たくさんのシナモンがまぶされていて、美味しい一品。

シナモンとさつまいもの美味しい組み合わせ、ぜひお試しください。

黄金芋の材料と道具

黄金芋の材料

4個分

<生地>
・全卵 :20g
・上白糖:30g
・蜂蜜または水あめ:3g
・重曹 :1g
・薄力粉:50g
・手粉用の薄力粉:適量

<中餡>
・白あん入りの芋あん:100g
(さつまいもを裏漉したもの40gと白あん60g)

・シナモン:適量
・黒ごま :適量

<ツヤだし>
・卵黄:1個
・水 :少々

黄金芋の道具:

・ボウル
・ゴムベラ
・ふるい
・スケッパー
・オーブン

黄金芋の作り方

1. さつまいも餡を作る

さつまいもを蒸し、裏漉します。

さつまいも40gと白あん60gを合わせて、よく混ぜ合わせておきます

※さつまいもの蒸し方と裏漉しについては、コチラをご参考に

2. 生地作り

ボウルに全卵を入れ、砂糖を加えてすり混ぜます。

続いて、蜂蜜または水あめを加え、さらに重曹を微量の水で溶いたものも加えます。

最後に、薄力粉をふるい入れ、さっくりと混ぜます。

3. 生地を休ませる(30分)

ボウルにラップをかけ、乾燥しないようにして、生地を休ませます

4. あんを4つ分丸めておく

さつまいもあんを4つに分け、丸めておきます

5. あんを包む

バットに手粉の薄力粉を置きます。薄力粉の上に生地をのせ、薄力粉を全体にまぶします。

スケッパーなどで生地を4分割し、丸めておきます

生地であんを包み、楕円形を作ります

6. 生地を半分にカットし、シナモン、つや出し卵、黒ごまをまぶす

シナモンをバット広げ、生地をその上で転がし、全体にまぶします。

スケッパーで、斜め半分にカットし、切り口にツヤだし卵黄(卵黄に水少々を加えて混ぜたもの)を塗ります。

最後にごまを適量つけておきます

7. 焼く(170℃で12~13分)

オーブンで12~13分焼きます。完成です。

【ご参考】その他、さつまいもを使った和菓子レシピ

さつまいもを使った和菓子のレシピ
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。