シナモン饅頭の作り方

表面のひび割れが特徴の「シナモン入りの焼きまんじゅう」のレシピです。

シナモン饅頭を作ると、部屋内はシナモンのいい香りに包まれます。シナモン好きにはたまならい幸せの香り

シナモン饅頭は、焼いてから半日経つとより美味しくなります。焼きたてを食べたくなるところですが・・・しばし我慢し、ぜひ半日経ってから食べてみてください

シナモン饅頭の材料と道具

材料:4個分

<生地>
・全卵:15g
・上白糖:22g
・はちみつ:3g
・重曹:1.5g
・薄力粉:40g
・シナモン:2g

<手粉>
・薄力粉:適量

<ふりかけ用>
・粉糖:多め

<中餡>
・あん:80g(20g×4個分)
※おすすめは黄身あんですが、白あんやこしあんでも勿論OK

黄身あんの作り方はこちらをご参考に

黄身あんの作り方

道具

・ボウル
・ホイッパー
・ゴムベラ
・粉ふるい
・オーブン
・クッキングシート

シナモン饅頭の作り方

1. 生地を作る

ボウルに全卵と砂糖を入れてすり混ぜ、はちみつも加えて、混ぜます


重曹に微量の水を入れ、スプーンで溶かし、ボウルに加え、軽く混ぜます


薄力粉とシナモンを合わせて、ふるい入れ、さっくりと混ぜます

あんこラボ
あんこラボ

まんじゅう生地は混ぜすぎると粘りが出ます。混ぜすぎないよう、さっくり切るように混ぜてください

2. 生地を休ませる(15~30分)

ボウルにラップをかけて、生地を休ませます

3. あんを包む

バットに手粉の薄力粉を置き、まんじゅう生地をのせます

まんじゅう生地を4等分し、丸めます

続いて、あんも4等分し、丸めておきます

生地であんを包みます。左の手のひらに生地をのせ、右指で丸く広げます。真ん中にあんをのせ、時計回りに回しながらあんを包みます

4. 粉糖をまぶす

ボウルに粉糖を適量入れます。まんじゅうを粉糖のボウルに入れ、全体にまんべんなく粉糖をまぶし、オーブンの天板にのせます

あんこラボ
あんこラボ

粉糖をたっぷりまぶすと、オーブンで焼いた後のひび割れがきれいに出来ます

5. オーブンで焼く(予熱あり/180℃で18分)

オーブンを180℃で予熱し、オーブンに入れ、18分焼きます

焼きあがったら、網の上にのせ、熱を冷まして完成です

 

シナモン饅頭の作り方、まとめ・補足

・賞味期限は作ってから3~4日です

・生地を混ぜる際は、粘りが出過ぎないよう、さっくりと切り混ぜてください

・粉糖はたっぷりまぶしてください。焼き上がりのひび割れがきれいに入ります


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。