和菓子の動画レッスン

栗まんじゅうの作り方

栗の甘露煮を丸ごと1つ入れた栗まんじゅうを作ります。

生地には、隠し味として少々のバターと蜂蜜を入れています。しっとり食感を出すには、この2つを入れるのがおすすめ。そしてもう一つのポイントが膨張剤にイスパタを使うこと。重曹を使うレシピも多いのですが、イスパタの方が生地がキメ細かくなるのでおすすめです。

焼きたてはサクサクのクッキーのような食感。半日経つと、びっくりなほどしっとりしますよ。どちらも美味しいですが、どちらも味わえるのは、作った人の特権ですね。

栗まんじゅうの材料と道具

材料:

<生地>
・バター:4g
・上白糖:14g
・全卵 :16g
・はちみつ:2g
・イスパタ:0.3g
・薄力粉:40g

<中あん>
・栗の甘露煮:4個
・白あん:60g(15g×4個)

<手粉>
・薄力粉:適量

<ツヤだし>
・卵黄:1個分
・みりん:1g

道具

・ボウル
・ヘラ
・粉ふるい

・オーブン

栗まんじゅうの作り方

生地を作る

①バターと砂糖を混ぜる
バターを常温に置き、柔らかくしておきます。ボウルにバターを入れ、ゴムベラでクリーム状にします。

砂糖を3回に分けて加え、加える度にすり混ぜてください

②卵を加え、混ぜる
全卵を溶きほぐし、少しずつ加え、都度よく混ぜます
※卵が入ると分離しやすいので、分離しないようによく混ぜてください

③イスパタを加える
イスパタを微量の水で溶き、加えて混ぜます

④はちみつを加える
はちみつを加え、混ぜます

⑤薄力粉を加える
薄力粉をふるい入れ、さっくりと切るように混ぜます。混ぜすぎると粘りが出るので、粉が見えなくなる程度で手を止めます

生地を休ませる(30分)

ボウルにラップをかけ、生地を休ませます

あんを包む

①栗の甘露煮を白あんで包む
栗の甘露煮を4個用意し、白あんで包みます。
※白あんは水分を飛ばし、やや固めにしておくのがおすすめ

②生地に手粉をまぶす
バットに手粉用の薄力粉を置きます。手粉の上に生地をのせ、粉を全体にまぶし、軽くこね、4つに分割します

③あんを包む
あんを4つ分、生地で包みます

卵黄を塗る

①ツヤだし卵黄を作る
卵黄を茶漉しで漉し、みりんを加え、混ぜます

②まんじゅうに塗る
まんじゅうの頭頂部を軽く押さえ、平らにし、刷毛で卵黄を塗ります
※多少、卵黄が垂れても気にせずに。たっぷり塗ると、美味しそうな濃い焼き色がつきますよ

オーブンで焼く(170~180℃/13分)

①オーブンを余熱する(170~180℃)
※ガスオーブンを使用しているため、温度を170℃に設定していますが、ご自宅のオーブンに合わせて温度を調節してください

②オーブンで焼く(170~180℃/13~14分)
天板にクッキングシートを置き、まんじゅうをのせて、オーブンの中に入れます

焼き上がったら、網の上で冷まして、完成です

 

そのほか、栗のレシピは下記もご参考に

秋は栗。栗の和菓子・ごはんのレシピをリストにしました

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です