出来たつぶあんが固い?それは豆をゆでる時間が足りないかも

つぶあんを作ってみたけれど、何か固い…という経験はありませんか?教室でも時折ご相談をいただきます。なぜ、あんが固いのか?

理由はいくつかありますが、一番多いのは、豆が固いこと。小豆のゆで時間が足りないのです。

小豆を柔らかく炊き上げれば、あんも柔らかくなりますよ。

では、柔らかく炊き上げるためにはどうすればよいのか?

方法は2つあります

1. 小豆を必ず食べて、柔らかさを確認する

2. 重曹を使う

それぞれご説明していきます

 

小豆を柔らかく炊くには?

 

1. 小豆を食べて、柔らかさを確認する

小豆のゆで上がりを確認する際、指でつぶして確認していませんか?

じつは指でつぶすだけでは、柔らかさをきちんと確認することが出来ないのです。

指でつぶして柔らかいな、と思っても、実際に食べるとまだ固いことはよくあります。食べた時に、皮が口の中に残る状態では、まだ固いのです。

 

実際に食べてみて、皮も豆の中も充分に柔らかくなっていることを確認してから、火を止めてください。

ゆで時間は重曹を使うと、30分程です(吸水時間は別)。小豆はでんぷん質なので、煮上がる時間も比較的早いのです。

 

なお、大納言小豆は30分ではゆであがりません。プラス15分~20分程ゆでてください。

 

2. 重曹を使う

小豆はそもそも皮が固いので、なかなか柔らかくゆで上がりません。皮が柔らかくなるのを待っていると、豆の中身がゆで汁に出てしまうこともあります。

そこでオススメしたいのが、重曹を使うこと。

重曹は豆の皮を柔らかくする作用があります。

ほんの少し(豆100gに対して1g弱)入れるだけで、小豆の皮は驚くほど柔らかくなります。

皮がなかなか柔らかくならなくて…とお悩みの方は、ぜひ一度重曹を使ってみてください。

重曹は入れ過ぎるとニオイが残りますので、計量して入れてください。

重曹はスーパーで購入できますので、常備しておくと便利ですよ。

 

ぜひお試しください。

つぶあんの作り方は、コチラをどうぞ

基本のつぶあんの作り方/レシピ

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です