つぶあん・こしあん作り、火加減が大切です

初めてあんこ作りに挑戦した友人から、相談を受けました。

「お正月休みに、あんこを炊いてみたけど、目を離しているすきに、焦がしてしまった」とのこと。

小豆を炊いて砂糖を入れた後の、最後の最後で焦がしてしまったそうです。最後に焦がしてしまうとは、残念!

私もあんこ作りを始めた頃には、焦がしたことがありました。

なぜ、あんこを焦がしてしまうのか?

原因①:火加減

ずばり鍋の火加減にあります。強火にしていませんか

煮物の仕上げの照り出しや、水分を飛ばす際の強火と同じ感覚で、あんこを炊いていませんか?

それでは火が強すぎます。あんこ作りは弱火~中火で行いましょう。

餡を練り上げる時は要注意です。強火では、あっという間に水分が蒸発し、焦げる原因となります。

ゆっくり、焦らず、優しく炊き上げましょう。弱火なら焦げません。

 

原因②:雪平鍋など平らな鍋

平底の雪平鍋を使用すると、あんを練る際に焦げやすくなります。(テフロン加工の鍋を除く)

底が平らなため、ヘラが充分に届かないところがあるからです。そのため、砂糖が固まり、焦げの原因になります。

私も一度焦がしました…

 

解決策は、丸底のぼうず鍋を使うこと。

底が丸いおかげで、ヘラもまんべんなく動かすことが出来、まず焦げることはありません。

こちらでぼうず鍋をご紹介しています。ぜひご参考までに

ぼうず鍋ーつぶあん・こしあん作りに使いたいお鍋

 

こしあんのレシピはこちら

こしあんのレシピ/作り方

 

つぶあんのレシピはこちら

つぶあんのレシピ/作り方

 

つぶあん作り、まだまだあります”コツ”

つぶあんを美味しく作るために大切な工程ーその1
つぶあんを美味しく作るために大切な工程ーその2
つぶあん・こしあんの味は、砂糖で決まります

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です