青大豆あんの作り方

大豆の中でもとても甘く、そしてうまみたっぷりな青大豆であんを作ります。

深いあじわいのある餡。大阪のくるみ餅のあんにもなります。また、あんだけで食べても美味しいですよ。

青大豆あんの材料と道具(出来上り500g)

材料:出来上がり500g

・青大豆:200g
・上白糖:100g(豆の50%)
・水:適量

青大豆とは?

青大豆は成長しても豆の色が青いもの。普通の大豆に比べ、甘みがあります。山形では青大豆を使って、ずんだ餡を作ることもあります。

ご購入は豆の専門店や製菓材料店にて。

なお、青大豆の品種により、あんの色が変わります

道具

・鍋
・ザル
・フードプロセッサーまたはミキサー

青大豆あんの作り方

1. 青大豆の吸水(半日~1日)

ボウルに豆と水を入れ、半日から1日置きます。

ザルにあけ、豆をよく洗います。

     

2. 青大豆をゆでる(約60分)

鍋に豆と水を入れ、火にかけます。

豆が充分に柔らかくなったら火を止め、ざるにあけます。ゆで汁も取っておきます

3. 青大豆をペーストにする

ミキサーまたはフードプロセッサーに豆とゆで汁を入れ、回し、ペースト状にします

5. 砂糖を加えて練る

ペースト状の豆と砂糖を入れ、火にかけます

ヘラで練りながら、ぽってりとした状態になったら火を止め、バットに移し完成です。

青大豆あんの食べ方

白玉だんごにのせ、大阪・泉州のくるみ餅のように

洋風にトライフル
餡を少量の水でのばし、カステラ、黄桃のコンポート、黒豆、ホイップクリームをのせます

寒天を使い、水ようかんに

 

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です