さつまいも餡のレシピ/作り方

さつまいもの甘さを活かして、砂糖少な目で作るさつまいも餡のレシピです。おいしく作る秘訣は「さつまいもの蒸し方」にあります。さつまいも餡を作ったら、どら焼きにのせてもよし、栗の甘露煮を入れてお正月の栗きんとんにもどうぞ。

調理時間:1時間

さつまいも餡の材料

さつまいも1本

砂糖:さつまいも(裏漉し後)の量の20%

<さつまいもの種類>

世界には3000~4000品種あり、日本は数十種類が栽培されています。

 

◎ホクホク系のさつまいも
紅あずま、鳴門金時、五郎島金時、坂出金時、紅さつま 等

 

◎ねっとり系のさつまいも

安納いも 等

◎しっとり系
シルクスイート、べにはるか、べにまさり 等

 

<さつまいも選びについて>
さつまいも餡の味は、さつまいもの種類で変わります。しっとり滑らか餡がお好みなら「シルクスイート」を、ほっくりとした甘さがお好みなら「金時系」や「紅あづま」などのさつまいもがおすすめです。

左が鳴門金時、右がシルクスイート

シルクスイートの蒸し上がりはしっとりすべすべ

さつまいも餡のレシピ/作り方

1. さつまいもを蒸す(30分)

沸騰した蒸し器にさつまいもを入れ、弱火で蒸します。蒸し時間は約30~40分。竹串を刺し、スーッと通る柔らかさになったらOKです

ただし蒸し過ぎると、さつまいもは余分な水分を含み、柔らかすぎる状態になります。蒸し過ぎにはご注意ください

<ポイント>
さつまいもを蒸す時の火加減は、弱火です。弱火でゆっくりと加熱すると、でんぷんの甘さが引き出され、少量の砂糖でも十分な甘さのさつまいも餡が出来上がります。

2. さつまいもを裏漉しする

さつまいもの皮を厚めにむきます(皮の側には太い繊維があるため、皮はなるべく厚くむきます)

裏漉し器(メッシュ20~30)を使い、さつまいもを裏漉します。さつまいもが柔らかく蒸し上がっていると、裏漉しが楽にできます

3. 砂糖を用意する

裏漉ししたさつまいもの分量を計ります

さつまいも全量の20%を計算し、砂糖を計量します

裏漉ししたさつまいもに、砂糖を加えて混ぜ合わせます

4. さつまいも餡を作る

鍋にさつまいも、砂糖を入れ、弱火にかけます。ぽってりとしたら火を止め、バットにあけ冷まして完成です。

<ご参考>
火にかける際にレモン汁を入れると、加熱時の退色を防ぐことができます。レモンの酸味がすっきりとした餡に仕上げてくれますよ。

さつまいも餡の食べ方

手焼きのどらやきに挟んで、さつまいも餡どらやきで

imo-dorayaki-main

さつまいもを使った和菓子のレシピ

芋ようかん(すっきりタイプ)のレシピ/作り方
芋ようかん(しっとり)のレシピ/作り方

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です