さつまいも餡のレシピ/作り方

さつまいもの甘さを活かした砂糖少なめのさつまいも餡のレシピをご紹介します。

おいしく作るコツは「さつまいも選び」と「さつまいもの蒸し方」にあります。

さつまいも餡を作ったら、どら焼きにのせてもよし、栗の甘露煮を入れてお正月の栗きんとんにもどうぞ。

 

さつまいも餡の材料と道具

さつまいも餡の材料

・さつまいも1本
・砂糖:さつまいも(裏漉し後)の量の20~30%

※砂糖20%は甘さ控えめ、30%は甘さしっかりめになります

さつまいもの選び方

さつまいもは品種により、味、甘さ、しっとり感が異なります。そのため、さつまいもあんの美味しさは、さつまいもの種類で決まります。

ほっくりとした甘さがお好みなら「金時系」や「紅あづま」などを、しっとり滑らか餡がお好みなら「シルクスイート」、濃厚な甘さの餡がお好みなら「安納芋」を使うのがオススメです。

左が鳴門金時、右がシルクスイート

<さつまいもの種類について>

世界にさつまいもは3000~4000品種あり、日本では数十種類が栽培されています。

日本のさつまいもは大きく分けて3種類。

◎ホクホク系:紅あずま、鳴門金時、五郎島金時、坂出金時、紅さつま 等

◎ねっとり系:安納芋

◎しっとり系:シルクスイート、べにはるか、べにまさり 等

さつまいも餡の道具

・蒸し器
・裏漉し器(20~30メッシュ)
・木べら
・鍋
・ボウル

さつまいも餡の作り方

1. さつまいもを蒸す(40分~1時間)

さつまいもを洗い、皮つきのまま(大きい場合は半分にカットして)、沸騰した蒸し器に入れます。

火加減は弱火でじっくりと蒸します。竹串をさして、すっと入ればOKです。火を止め、15分ほど蒸らします。

さつまいもの蒸し方について詳しくはコチラ
さつまいもの甘さを引き出す調理法は?

2. さつまいもの皮をむく

さつまいもの皮をむきます。皮はなるべく厚く剥いてください。皮のすぐ下に太い繊維があります。皮をむき、適当なサイズにカットします。

 

3. さつまいもを裏漉す

裏漉し器に芋をのせ、木ベラで裏漉しします。裏漉し器はメッシュ20~30を使います。

4. さつまいもの量と砂糖を計量する

裏漉したさつまいもの量を計ります。さつまいもの20%または30%量を計算し、砂糖を計量します

5. 砂糖を加えて混ぜ合わせる

裏漉ししたさつまいもに、砂糖を加えて混ぜ合わせます

 

6. 火にかけ、砂糖を溶かし水分を飛ばす

鍋に入れ、弱火にかけます。ぽってりとしたら火を止め、バットにあけ冷まして完成です。

 

さつまいも餡が出来たら、どらやきに挟んだり、さつまいも和菓子にお使いください。

imo-dorayaki-main

さつまいもを使った和菓子のレシピ

すっきり甘さの芋ようかんの作り方/レシピ 芋ようかん(しっとりタイプ)のレシピ/作り方

 


スポンサーリンク

2 COMMENTS

ナオコ

こんにちは。手土産に持って行きたく…日持ちのする芋餡を作りたいのてすが…
添加物?を入れてもいいのですがアドバイスございましたらよろしくお願いします。

返信する
あんこラボ

初めまして。コメントありがとうございます。日持ちさせることを想定しておらず、添加物を入れるレシピを作っておりません。何ともアドバイス申し上げることができまず、申し訳ありません。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です