枝豆で作る「ずんだあん」と「ずんだ餅」の作り方

南東北の郷土料理、ずんだ。枝豆をすり潰して作るずんだあんは、目にも鮮やかな黄緑色と枝豆のみずみずしさが、食欲をそそります。

枝豆のシーズンは6月から9月までの3か月。一番美味しいのは8月~9月の盛りの時期です。盛りの新鮮な枝豆を使って、ずんだ餡を作ってみませんか。枝豆自体が甘いので、砂糖も控えめに出来ます

そしてずんだあんが出来上がったら、ずんだ餅でいただきましょう!もちを作るのは大変なので、白玉だんごで代用できます。ぜひお試しください。

ずんだあんとは?

今や全国区のスイーツとなりましたが、もともとは東北の郷土料理。主に宮城県や山形県で食べられてきました。枝豆や青大豆をすりつぶして作ります。最近では、ずんだあんを使ったシェイクやロールケーキなども人気ですね。

名前の由来は、いくつか説があります。例えば、伊達政宗の「陣太刀(じんだち)」がなまったものや、伊達政宗の「仙台藩豆打(ずだ)餅」がなまったもの、など。いずれにせよ、仙台藩が発祥です。

ずんだあんの材料

  • 枝豆:お好きな量で
  • 上白糖:ゆで枝豆の20~30%

※さやのついた枝豆100gで、ずんだあんを40~50g作ることが出来ます

枝豆の品種

皆さまは、どの品種の枝豆が好きですか?私はだだちゃ豆が好きです。

  • 白毛豆(青豆):さやのうぶ毛が白いもの。最も流通している枝豆で、全国的に栽培されています。品種名は、毛豆、秘伝、サヤムスメなど
  • 茶豆 :豆の薄皮が茶色のもの。主に東北地方で栽培。8~9月に出回ります。甘味が強いのが特徴。品種名は黒崎茶豆、だだちゃ豆など
  • 黒豆 :豆の薄皮がうっすらと黒い。主に関西地方で栽培。数が少なくあまり市場に出回らないそうです。品種名は 丹波篠山黒大豆、紫ずきんなど

レシピ動画

ずんだあんの作り方

1. 枝豆をゆでる

枝豆を塩で洗います。枝豆に塩を振りかけ、手でもみ洗い、皮の汚れを取ります。水で洗い流します。

鍋に湯を沸かします。沸騰した湯に枝豆を入れ、柔らかくなるまでゆでてください。ゆで時間の目安は20分程度です。
※通常食べている、歯ごたえある柔らかさ(ゆで時間:10分程度)では、ずんだ餡にはやや固いです。柔らかくなるまでゆでてください

2. 枝豆のさやを取り除く

ゆであがったら、枝豆をザルにあけます

枝豆をさやから取り出し、薄皮(甘皮)部分もむいてください。薄皮が残ると、やや滑らかさが足りなくなります。大変な作業ですが、このひと手間は、ぜひ惜しまないように。

枝豆の量を計り、砂糖を計量します(砂糖は枝豆の20%量)

3. 枝豆をすりつぶす

すり鉢に枝豆を入れ、すりこぎですり潰します。ある程度、粒がつぶれるまでしっかりとすりつぶしてください。

 

枝豆をすりつぶしたら、上白糖を加え、さらにすり混ぜます。砂糖が入るとあんはやわらかくなります。上白糖が溶け、枝豆と充分になじんだら、ずんだ餡は完成です。

  

ずんだ餡は当日中にお召し上がりください。作った当日はみずみずしさをキープできます

4. 白玉団子を作る

白玉粉に水を加え、こね、ゆでて白玉団子を作ります。

白玉団子の作り方について、詳しくはこちらをご覧ください

基本の白玉だんごの作り方

団子がゆであがったら、ずんだ餡を添えてずんだ餅としてお召し上がりください。

枝豆を使ってもう1品

夏バテ解消におススメ!「ずんだシェイク」の作り方
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です