秋の定番!栗蒸しようかんのレシピ/作り方

蒸し羊羹をおいしく作るポイントは、薄力粉を加えてから粘りが出るまでよく練り混ぜること。蒸し羊羹のむっちりとした食感は小麦粉のグルテンなのです。作り方はとても簡単、ぜひお試しください。

秋の和菓子栗の和菓子

栗蒸し羊羹の材料と作り方

栗蒸しようかんの材料(玉子豆腐器12×7.5cm1缶分)

・こしあん:200g
・薄力粉 :20g(あんの10%)
・片栗粉 :5g(あんの2~3%)
・砂糖  :10g
・湯   :50g
・栗の甘露煮:4~5粒

栗蒸し羊羹の作り方

1. こしあんと粉を混ぜる

こしあんに薄力粉と片栗粉をふるい入れ、よく練り混ぜます。ゴムベラよりも手で混ぜる方がより粘りが出るため、手袋をはめて、しっかりと練り混ぜてください。

  

粘りが出たらOKです。

2. 砂糖を加える

続いて砂糖を加えます。手でそのまま混ぜ合わせてください。

 

3. 湯を加える

ゴムベラを持ち、お湯を加えて混ぜ合わせます。しっかりと混ぜるとツヤが出てきます。生地の固さはすくうとタラリと垂れる程度になります。

 

4. 栗甘露煮を加える

栗を2cm大に刻み、生地に加えます。ゴムベラで混ぜ合わせます。

 

5. 型に流し入れる

玉子豆腐器に、生地を流し入れます。表面が平らになるよう、ゴムベラで生地をならします。

6. 蒸す(30分)

沸騰した蒸し器に入れ蒸します。火加減は中火程度です。

ようかんの量が増えると、蒸し時間が長くなります。量が多い場合は、適宜蒸し時間を延ばしてください。

7. 表面のぬめりを取る

蒸し上がりました。表面はややぬめりがあり水っぽい状態です。温かいうちにこの表面のぬめりを取ります。キッチンペーパーを折り、ぬめりの部分をふき取ります。

なお、蒸し上がりは水っぽいですが、冷えると固まります。

動画で作り方をチェック!

 

※「竹皮包みの栗蒸しようかん」の作り方

栗蒸し羊羹を竹皮で包むには、型に入れ20分ほど蒸します。型からようかんを出し、竹皮に包みます。

竹皮のまま10分蒸すと、竹皮包みの栗蒸しようかんが出来上がります。なお、竹皮はあらかじめお湯でゆで、柔らかくしておきます。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です