粽(ちまき)の作り方

端午の節句に欠かせない「粽」を作ります。粽とは円錐形の生地を笹の葉で包んだもの。

粽にはいくつか種類があり、外郎粽(ういろうちまき)、水仙粽(すいせんちまき)、羊羹粽(ようかんちまき)、団子粽などがあります。

今回は、もっちりと歯切れの良さが美味しい「外郎粽」とつるりとした食感が美味しい「羊羹粽」を作ります。

やや笹の葉の巻き方は難しいですが、楽しいのでぜひお試しください。

粽の材料と道具

材料:5本分

◎外郎粽(3本分)
・上新粉:50g
・砂糖:35g
・葛粉:5g
・水:48g

◎羊羹粽(2本分)
・葛粉:12g
・砂糖:25g
・こしあん:20g
・水:60g

◎その他
・笹の葉:15枚
・い草:5本

道具

・ボウル
・ゴムベラ
・茶漉し
・蒸し器
・鍋

外郎、水仙、羊羹粽の違いは?

外郎粽:米粉やもち粉、あるいは葛などに、砂糖と水を混ぜて蒸したもの。もっちりとした食感が特徴。色は白が多いですが、黒糖を使った黒も見かけます。

 

水仙粽:葛粉に砂糖、水を加えて、加熱したもの。ぷるんとした葛独特の食感が特徴。色は透明です。

 

羊羹粽:葛粉、砂糖、あん、水を加えて、加熱したもの。ぷるんとした葛独特の食感になります。

 

どれも美味しいですが、私のオススメは羊羹粽です。ほんのりと甘く、そして葛の食感がとても美味しいです!

粽の作り方

レシピ動画

下準備

笹の葉とい草を洗い、鍋で10分ほど煮て、煮沸しておきます

外郎粽を作る

1. 生地を作る

ボウルに上新粉と砂糖を入れ、混ぜ合わせます

         

葛粉に水を加え溶かし、茶漉しで漉します

上新粉と砂糖のボウルに、葛液を入れ、ゴムベラでよく混ぜ合わせます

玉子豆腐器などの金属製の型に、濡れた手ぬぐいを置き、生地を流し入れます

2. 蒸す

沸騰した蒸し器に型を入れ、蒸します(20分/中~強火)

3. こねる/成型

蒸し上がったらボウルに入れ、こねます。表面が滑らかになるまで、しっかりとこねてください

こねたものを3つに分け、それぞれ丸めておきます。生地はやや固いので、なかなかきれいな丸型にならないのですが、ここでしっかりときれいな丸型を作っておくと、出来上がりがきれいになります。

円錐形を作ります。トレイなどにのせ、手のひらで転がしながら、円錐形に伸ばします

羊羹粽を作る

1. 生地を作る

葛粉に水を加え溶かし、茶漉しで漉します

鍋に葛液と、こしあん、砂糖を入れ、よく混ぜ合わせます

2. 葛を練る

中火にかけながら、葛を練ります。ゴムベラで全体をよく混ぜながら、加熱してください。

透明でツヤのある、もっちりとした状態になったら、火を止めます。

 

ボウルに移し入れます

笹の葉で包む

1. 葉の上にのせる

笹の葉の水気を軽くふき取ります

笹の葉を3枚重ね、右端の葉の上に粽をのせます

 

2. くるむ

右側から葉をなるべくきつく巻きます

巻き終わったら茎を引っ張り、ゆるみのないようにします

頭頂部をしっかりと押さえます

 

3. い草を巻きつける

頭頂部にい草を2回、巻きつけます

左回りにい草を巻きつけ、根元まで来たら粽の向きを変え、2回巻きつけます

親指で輪を作り、い草を通して、固く結びます

全ての粽を巻き終えたら、5本そろえて、茎を切りそろえます

4. 外郎粽をもう一度蒸す

外郎粽を沸騰した蒸し器に入れ、5分間蒸して、完成です

外郎粽、羊羹粽ともに、常温で保管し、賞味期限は2日以内です。出来れば当日中にお召し上がりください。

粽の本場は京都

粽と言えば、やっぱり京都。端午の節句に合わせ、和菓子屋さんの店頭に美しい粽が並びます。

最も有名なのは、御粽司 川端道喜さんの水仙粽と羊羹粽。創業が1503年の川端道喜。300年以上に渡り、京都御所に毎朝「お朝物」を届けていました。

川端道喜さんでは、粽を通年販売されています(販売の無い月もあります)。機会があったらぜひ食べてみたいですね。要予約です。

ちなみに、川端道喜さんを始め京都の和菓子屋さんの情報を得るなら、淡交社の「京都和菓子めぐり」がオススメ。紹介数は京都の老舗80店。銘菓から歴史まで詳しく紹介されています。京都の和菓子巡りには必携の1冊です。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です