和菓子の動画レッスン

浮島の作り方

浮島の基本レシピをご紹介します。

浮島は別名、蒸しカステラ。ふんわり、そしてしっとりした生地は、まるでビロードのようです。

浮島の優しい口当たりは、白あんと卵白のメレンゲのおかげ。だから、美味しく作るコツはキメの細かいメレンゲを作ることにあります。

初めて浮島を食べる方は、きっとそのおいしさに驚くはず。

ぜひお試しください。

浮島の材料と道具

材料:玉子豆腐器(12×7.5cm)1缶分

・白あん:100g
・卵白:1個分
・卵黄:1個分
・上白糖:12g(卵白用)
・上白糖:12g(卵黄用)
・上新粉:15g
・薄力粉:5g
・甘納豆:20g程度

道具

・蒸し器
・ボウル
・ミキサー
・ホイッパー
・ヘラ
・玉子豆腐器(12×7.5cm)
・クッキングシート

浮島の作り方

下準備

①抹茶を茶漉しでふるい、湯(5~6cc)で溶き、ダマの無いよう混ぜておきます

②卵を卵黄と卵白に分けます

③玉子豆腐器にクッキングシートを敷きます

クッキングシートの折り方は、【動画】流し缶(玉子豆腐器)に入れる、クッキングシートの折り方  をご参考に

卵黄砂糖あんを合わせる

①卵黄に砂糖半量を加えて、ホイッパーですり混ぜます

②白あんを加えて、混ぜ合わせます

メレンゲを作る

①ミキサーで卵白を泡立てます

②ある程度泡立ったら砂糖を2回に分けて加え、都度泡立てます

③つやのある、しっとりとした状態(角が立つ)で、泡立てを止めます

粉を加える

上新粉と薄力粉を合わせてふるい入れ、さっくりと混ぜます

メレンゲを加える

メレンゲを加えて、泡をつぶさないように、さっくりと混ぜます

生地の半量に抹茶を加える

①生地の半分を別のボウルに入れます

②片方に溶いた抹茶を加え、ムラのないように混ぜます

抹茶生地を型に流す

①抹茶の生地を型に流し入れます。もう一つの生地は、後から流し入れるため、とっておきます

②型の底をたたき、空気を抜きます

蒸す(強火/10分)

①蒸し器をあらかじめ沸騰させておきます

②蒸し器に入れます。蓋をして、強火で8分蒸します

残りの生地を入れて、蒸す

①蒸し器から取り出し、抹茶生地の上に甘納豆を散らします

②上から残りの生地を流し入れます

③蒸し器に入れ、中火で10分蒸します

 

蒸し上がったら、型から出し、常温で冷まします。

浮島が一番おいしいのは、蒸して半日~1日経過した頃です。ぜひお試しください

山椒入りの浮島もおすすめです
山椒浮島の作り方

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です