【和菓子道具】和菓子作り始めるなら持っておきたい道具②:流し缶(玉子豆腐器)

寒天ものなど冷やし固めるものから、栗蒸し羊羹などの蒸し物まで、幅広く使う道具が「流し缶」。

本当によく使います。和菓子を作りを始めたら、ぜひ1個は持っておきましょう。

今回は流し缶について、オススメの形とサイズ、そして使い方についてご紹介します。

和菓子の流し缶について

流し缶について

◎流し缶の形

流し缶の形は、主に四角形。じつは東西で形が異なり、関東は正方形、関西は長方形です

なぜこのような違いがあるのかは分かりませんが、卵焼きも正方形と長方形の違い、あるいはうなぎの調理方法、包丁の形なども異なるので、何か歴史的な背景があるのだと思います。

なお、四角形以外にもトヨ型(半円状)や三角形などもあります。

◎流し缶のサイズ

大きいものは幅20cm以上のものもありますが、一般的には幅15cmサイズものが使われています。高さは5cm以下になります。

◎流し缶の素材

素材は、主にステンレス製。その他ポリカーボネート製もあります。洋菓子のようにブリキ製などはありません。和菓子は蒸し物など水分が多いため、錆びないステンレスが使われています。

◎流し缶の構造

流し箱と中底(抜き板)の二重構造です。中底があるおかげで、出来あがったものが取り出しやすくなっています。ただし、寒天ものなどは中底を使いません。寒天がくっついてしまい、外れなくなります。

あんこラボおすすめの流し缶は、玉子豆腐器(小)

一番使いやすくててお勧めしたいのが、玉子豆腐器(小)です。

玉子豆腐器は、そもそも卵豆腐を作るための型ですが、もちろん和菓子でも使えます。サイズは小さいものから大きいものまで各種揃っていますが、おすすめは一番小さいサイズのものです。

お菓子も以前のようにたくさん作る、というよりは美味しいものを少し作りたい、という方が増えてきました。和菓子の分量も1~2人分を想定しています。そのため、玉子豆腐器も小サイズが一番使いやすいです。

実際に使っているのはコチラ
サイズ:幅7.5cm×奥行12cm×高さ4.5cm

 

量を増やして作りたい場合は、小サイズを複数使って作っています。もし多めに作りたい方は、玉子豆腐器を2~3個持っておくと便利です。

玉子豆腐器(小)はネットで購入できます

玉子豆腐器は、製菓道具店や富澤商店でも販売されています。もちろんネットでも購入可能です。

中サイズ(幅11cm×奥行14cm×高さ4.5cm)、大サイズ(13.5cm×奥行15cm×高さ4.5cm)もあります。

玉子豆腐器の使い方

使い方その1:寒天の和菓子に使用する場合は、中敷きを使用しない

型の底と中敷きの間に寒天が入り、くっついて離れなくなります。中敷きは外してご使用ください。

 

使い方その2:蒸し菓子に使用する場合は、クッキングシートを敷く

玉子豆腐器は、蒸しようかん、浮島、軽羹、ういろうなどの蒸し菓子の型としても使えます。小サイズなら家庭用の蒸し器にも楽々入りますよ。

蒸し菓子の場合は、蒸した後に取り出しやすいよう、クッキングシートを敷いてご使用ください。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です