和菓子の型にもいろいろあるけど、おすすめはこれ

型は、お菓子作りに欠かせません。

洋菓子ならパウンドケーキ型、スポンジケーキ型、シフォンやマフィン、マドレーヌ型など、いろいろ。

和菓子は、主に四角い型を使っています(木型や抜型は除く)。じつは四角い型さえあれば、事足ります。

だから和菓子を作るなら、ぜひ四角い型は持っておきましょう。おすすめの型もご紹介します。

型を使う和菓子は?

◎流し菓子(ようかんや錦玉羹など)

寒天を煮溶かし、寒天液を作り、型に流して冷やし固めます。

◎蒸し菓子(栗蒸しようかんや、浮島、かるかんなど)

生地を型に流し、蒸し器に入れて蒸します。

  

和菓子の型の種類

◎流し缶

別名「玉子豆腐器」。流し菓子の型として、あるいは蒸し菓子の型として使われています。

形は真四角。洋菓子のような「台形」はありません。種類は、正方形か長方形。関東の和菓子屋さんでは主に正方形が、関西では長方形が使われています。

素材はステンレス製で、仕切り板が付属しています。

◎トヨ型

主に錦玉羹やようかんなどに使われています。形は、細長い長方形で、半円や三角形、角などいくつか種類があります。素材はステンレス製です。

 

◎羊羹舟型

大きいサイズの型。ようかんなどに使われます。形は長方形。あまりにも大きいので、家庭用には不向きかも。

一番使いやすいのは、小サイズの玉子豆腐器

流し缶は、サイズが豊富。サイズは好みで決めますが、あまり大きいと使い勝手が悪くなります。

オススメはパール金属の玉子豆腐器の小。サイズは幅が7.5cm×奥行12cm×高さ4.5cmです。

1~2人分の和菓子を作るなら、ちょうどいいサイズ。少し多めに作りたい場合は、型を2個持っておくと便利ですよ。

家庭用の蒸し器にも入りやすく、ステンレス製なので、お手入れも簡単。いつも清潔に使うことができます。

和菓子の型は、ほぼこの玉子豆腐器(小)だけを使っています。

その他、中サイズ(幅11cm×奥行14cm×高さ4.5cm)、大サイズ(13.5cm×奥行15cm×高さ4.5cm)があります。

ご購入は、専門店で

製菓道具店や、富澤商店などでも購入できます。その他、ネットでも購入可能です。

 

洋菓子の型で代用する場合は

洋菓子の型で代用することも可能です。ただし、ブリキ製は使わない方がいいです。和菓子は水分が多いので、すぐに錆びてしまいます。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です