【和菓子道具】糖度計:糖度を計って、仕上がりを均一化できます

和菓子作りにあると便利な道具をご紹介しています。

今回ご紹介するのは、糖度計。糖度を計るための道具です。あんこラボでは黒蜜や羊羹を作る際に使用しています。

糖度計を持つメリットは、あんや和菓子の仕上がりを均一にできること。

お店で黒蜜や水ようかんなどの提供を考えている方は、糖度計を1つ持つことをおすすめします。

和菓子作りに使う糖度計とは?

糖度とは、甘さの基準で、液体や固体の中に含まれる糖分の割合のこと。ジャムや果物の糖度は馴染みあるかと思います。例えば、メロンの糖度16度以上や、イチゴ13度など(商品タグ等に表示されていることもあります)

その糖度を計るのが糖度計です。

和菓子も蜜や羊羹、あんを作る際に使用しています。これらの和菓子は鍋で煮詰めて作るため、どれくらいまで煮詰めればよいのか、目で判断することは難しいのです。

そこで糖度計を使い、常に同じ数値に仕上げることで、均一なものを作ることができます。

毎日作っていれば、煮詰まり具合などを目で判断することも出来るかもしれません。しかし、複数の人が作るとぶれやすく、あるいはその日の体調などにも左右されますので、数値を基準にしています。

 

オススメの糖度計は?

おすすめは、アタゴの手持屈折計 MASTER 80H 。

糖度計の種類は、糖度の計測範囲によって分かれます。果物のような低い20度の前後を計るものから、もう少し高い糖度、そして和菓子のような高い糖度に対応したものがあります。

和菓子は比較的糖度が高いので、高い糖度を計るタイプを使用します。

アタゴさんの糖度計は、防水機能付きで高温の計測も可能なので、羊羹・黒蜜などの糖度を計ることができます。

※品番をお間違えないように。80Hです。20Hなどは糖度の範囲が低くて計れませんので、ご注意ください。

糖度計の使い方

使い方は

1. 蓋を開け、計測したいものを青いプリズム面にのせます

 

2. 蓋をしめます。穴を覗くと、糖度が青い線で表示されます
58度に青い線が表示されています(こしあんを計った糖度です)

 

3. 計り終わったら、水洗いして、水気をふき取ります

和菓子の糖度は?

・練り羊羹:65~75度前後

・水ようかん:40~50度前後

・黒蜜:60~65度前後

あくまでも目安です。

 

あんこラボでは、

・水ようかん:42度前後

・黒蜜:60~62度前後

で仕上げています

 

糖度計は、和菓子を作る際に毎回正確に仕上げたい方や、お店をされている方にお勧めします。

値段もそこそこしますので、ご家庭で楽しむ和菓子作りであれば、糖度計を買う必要はないと思います。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です