和菓子の動画レッスン

【おすすめ道具】ご自宅で本格的などらやきを作るなら、持っておきたい道具4選

どらやきはご自宅でも比較的簡単に作ることが出来ます。道具は特別なものは不要。ご自宅にある調理器具でほぼ大丈夫です。

でも、せっかくなら、真ん丸い形で、こんがりきつね色のどらやきを作りたいですよね。生地の形と色にこだわるなら、専用の道具があるといいですね。

和菓子職人さんも使う専用の道具。それがあれば、見事に美しいどらやきを作ることが出来ます。

今回は、持っておきたい道具を4つご紹介します。お値段も比較的手頃で、購入しやすいものになっています。

本格的などらやき作り、持っておきたい道具4選

 銅鑼(どら)さじ

どらやき専用のさじ。生地をすくいあげ、プレートに生地を落とします。

特徴は、通常のお玉やレードルに比べ、高さが浅いこと。また形は正円です。

なぜ浅いのか、その理由はよく分かりませんが、浅い分、生地が流しやすいような気がします。

素材は主に真鍮製。初めて持つとその重さに驚きますが、適度な重さのおかげで、生地を一点に落とすことができます(一点に落とすと、生地は丸く広がります)

職人の方は、真鍮のどらさじに竹の柄を付け、やや長さを持たせて使用しています。

どらさじのサイズは、2.2寸、2.4寸、2.6寸など。使いやすいのは2.4寸。教室でも使用しています

ヘラ

どらやきを返す際に使うヘラです。通常のフライ返しと異なり、ヘラから柄までが一直線になっているのが特徴です。

一直線のおかげで手首を動かしやすく、角度が付いている通常のフライ返しよりも、生地を返しやすくなっています。

銅製の玉子焼きフライパン

和菓子屋さんのどらやきは、銅板や鉄板のプレートで焼くのが一般的です。銅は熱効率が良く、とても美しい焼き色になります。そして膨らみ方も理想の形に。

フライパンやホットプレートと比べると、その差は大きく、出来ることなら銅板で焼きたいところ。

しかし、専用の銅板は高価。熱源もガスと電気がありますが、業務用のため、家庭での使用が難しいです。

そこでおすすめしたいのが、玉子焼き用の銅製フライパン。銅なので、プロ用の銅板に負けない、美しい焼き色に仕上がります。

玉子焼き用プライパンなら、家庭用サイズ。ガスでもIHでも使用できます。お値段もやや高いですが、長く使えますし、どらやきだけでなく、出汁巻き卵作りにもお使いいただけます。

ただ難点は、一度にたくさん焼けないこと。私は21cm幅(関東型)を使用していますが、一度に焼く枚数は2枚が限界です。

焼印・焼きごて

必須ではありませんが、あるといいなという道具です。

どらやきに焼印を押すと、華やかな一品に。プレゼントなどには焼き印があると喜ばれること間違いなしです。

焼印の形の種類もいろいろ。Popでかわいいデザインから、定番の菊や桜、あるいは個性的なものも。

おすすめは季節問わずに使える形。私は、千鳥を愛用しています。

 

どらやきとつぶあんのレシピはこちらからどうぞ

どら焼きのレシピ 基本の「つぶあん」の作り方

ぜひどらやき道具を揃えて、ご自宅で本格的などらやき作りを楽しんでくださいね。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です