どらやき作りにおすすめの道具

和菓子の王様、どらやき。お家でも簡単に作ることが出来ます。特別な道具は不要。ご自宅にある調理器具でほぼ大丈夫です。

でもせっかく作るなら、専用の道具があるといいですよね。どらやき作りに特化した道具や、和菓子屋さんが使っているような道具があると、それはそれは美味しく美しいどらやきを作ることが出来ます。

これまで和菓子教室でどらやき作りをお伝えしてきた経験から、あった方がいい道具4選まとめました。ご参考にしていただけると幸いです。

どらやき作りにおすすめの道具

銅鑼さじ

どらやきを焼く際に使います。専用のさじ。

主に素材は真鍮製。適度な重さがあり、生地を一点に落とすことができます

※どらやきを丸く焼くには、一点に落とすのがポイント。真鍮製のどらさじなら、生地が一直線に落ちていきますよ。

サイズは、2.2寸、2.4寸、2.6寸など。使いやすいのは2.4寸。教室でも使用しています

ヘラ

どらやきの返しに使います。ヘラから柄までが一直線のタイプがおすすめ。

柄の部分に角度が付いているよりも、手首が動かしやすいので、返しがしやくなります

銅製の玉子焼きフライパン

あるとベターな道具です。

普通のフライパンやホットプレートでも焼けますが、きれいに焼くなら銅製の玉子焼き鍋がおすすめ。

お店でどらやきを焼く際は、専用の銅板(一文字火床)が使われています。銅は熱効率がよいため、それはそれは美しい焼き色に仕上がります。そして膨らみ方も理想の形に。

とは言え、専用の銅板は大きく、値段も高く、家庭向きではありません。そこでおすすめしたいのが、銅製の玉子焼きフライパン。

家庭用サイズもありますし、お値段も手ごろ。私は21cmの関東型を使用しています。

焼印・焼きごて

必須ではありませんが、あるといいかな、という道具。

どらやきに焼印を押すと、華やかな一品に。プレゼントなどには焼き印があると喜ばれること間違いなしです。

焼印の形の種類もいろいろあり、かわいいものから、定番の菊や桜、あるいは個性的なものも。おすすめは季節問わずに使える形。私は、千鳥を愛用しています。

 

どらやきのレシピはこちらからどうぞ

どら焼きのレシピ

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です