おすすめの「裏漉し器」のご紹介

和菓子作りに欠かせない工程の一つに「裏漉し」があります。

例えば、

・こしあんを作るために、小豆を裏漉す

・栗を裏漉して、栗きんとんを作る

・蒸した芋やかぼちゃを裏漉して、芋あんやかぼちゃあんに

など。

裏漉し器は、和菓子作りには欠かせません。和菓子作りを極めるなら、ぜひ1台持っておきましょう。

今回は教室でも使用している「おすすめの裏漉し器」をご紹介します。

おすすめの裏漉し器のご紹介

裏漉し器は着脱式と固定式の2種類があります


着脱式

裏漉し器には、固定式(本体と網が固定されたタイプ)と着脱式(本体と網を装着して使うタイプ)の2種類があります。

ご家庭でよく使われているタイプは固定式です。

和菓子に使うなら「着脱式」がおすすめ。なぜなら、漉すものによって、網の細かさを変える必要があり、着脱式なら本体1つに複数の網を揃えることができるからです。

・こしあんを作る⇒細かい網を使用(メッシュ65タイプ)

・栗や芋を裏漉す⇒標準的な網目を使用(メッシュ20~30)

もし固定用を持つとなると、こしあん用と栗・芋用で2個も持たねばなりません。収納場所にも困ります。着脱式なら、本体は一つに網2つ。保管スペースにも困りません。

 

裏漉し器の幅サイズは、やや大きめがおすすめ

着脱式の裏漉し器のサイズは、いくつか種類があります。幅(枠の直径)21cm、24cm、27cmなど。

サイズはやや大き目がおすすめ。大きい方が一度にたくさんの量を漉すことができますし。

おすすめは24cmタイプです。大きすぎず、使いやすいサイズです。教室でも使用しています。

 

網は、メッシュ20~30と65の2種類があると便利

網目の細かさは、メッシュ数で表示されます。

メッシュ20~30は、標準的な網目の細かさ。メッシュ65は、絹ぶるいと呼ばれる、とても細かいの網目になります。

それぞれ用途があるので、20または30と65の2種類を持っておくと便利です。

 

おすすめの裏漉し器の組み合わせ

浅草・合羽橋のお店やネットで購入できます。本体と網は別売りです。

◎本体

◎こしあんを作るための、65メッシュの網

◎栗や芋などを漉すための、30メッシュの網

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です