錦玉羹作りに使う「錦玉型」

錦玉羹作りに欠かせない道具が、錦玉型

錦玉羹を作るなら、ぜひ何種類が持っておきたいですね。

形は様々。丸や四角などの定番から、水紋、亀甲、朝顔、葉、金魚、あるいは楓など。錦玉羹は夏の和菓子なので、夏に関連するものが多いです。

型を活用すれば、錦玉羹の技法に凝るよりも(グラデーションや練り切り細工を入れるなどは大変ですよね…)、より簡単に季節感を表現することが出来ますよ。

また、錦玉羹だけでなく、ゼリーや葛などにも使えます。

今回は、オススメの錦玉型をご紹介します。

錦玉型の素材

まずは素材のご紹介。

型には3種類あります。セラミック(陶器)、プラスチック、ステンレスです。

①セラミック(陶器)

もっとも型の種類が豊富なのが、セラミック。

耐熱性で、熱い寒天液を流し入れても大丈夫です。また焼き菓子や蒸し菓子などにも幅広く利用できます。

ただし、落したり、ぶつけたりすると割れますのでご注意ください。

私もセラミックタイプを使用しています。

②プラスチック

軽くて割れにくいのがプラスチック製。種類の豊富さはセラミックに次ぎます。

ただし、焼き菓子には使用できません。実際には、錦玉型を焼き菓子の型に使うことはほぼ無いですけどね。

③ステンレス

底のない抜き型のセルクルタイプ。底が無いので、固めた錦玉羹を取り出しやすいのが特徴。

形の種類は少なく、丸や四角、ひょうたんなどです。

洋菓子のセルクル型を使うことも出来ます。

錦玉型、おすすめの形

夏らしい意匠がオススメ。

①水紋

夏=水=水紋。夏を代表する意匠です。錦玉羹には欠かせません。

水紋には、シングルとダブルタイプがあり、どちらかを選ぶとしたらシングルがオススメ。

素材はセラミック製とプラスチックがあります。

②ひょうたん

愛嬌のある形のひょうたん。夏を代表する植物なので、夏の和菓子には欠かせません。また、昔はお酒を入れる容器としても使われていたため、宴のイメージもあります。

錦玉羹をひょうたん型で作ると、夏の涼しさを演出できるのでオススメですよ。

素材は、セラミック製とステンレス製があります。(セラミック製は在庫が無いことも多いです)

 
③丸型

定番の形ですが、一番使いやすいのが丸型。水まんじゅうなどにも使えます。

素材はセラミック製があります。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です