【持っておきたい道具】ぼうず鍋:和菓子・あん作りに便利なお鍋

あんを炊くのにいつも使っています。

底が丸く、ボーズ鍋や丸底鍋とも呼ばれています。

小豆をゆでるのも、あんを練るのも、このお鍋1つで済ませています。求肥やわらび餅作りなどにも使用しています。

あんを上手に炊けるようになりたい方、そして和菓子作りを極めたい方は、ぼうず鍋を持っておくことをお勧めします。ぼうず鍋があれば、きっと和菓子作りが楽しくなりますよ。

なお、ぼうず鍋はガス火のみ使用可能。IHでは使用できません(IHの方は、カセットコンロなどをご使用ください)

ぼうす鍋がおすすめな理由

底が丸いから、煮えムラが少ないです

丸底のおかげで、鍋は対流が起こりやすく、豆を煮る際も均一にムラなく煮ることができます。

雪平鍋など平らな鍋は、鍋底だけに火が当たるので、丸底に比べるとやや煮えムラが起きやすくなります。

底が丸いから、焦げにくいです

あんを練る際に、ぼうず鍋はヘラをまんべんなく動かすことができ、焦げる心配がありません。

一方、平底鍋はヘラが届かないところもあり(特に端の部分)、ぼうず鍋より焦げやすくなります。

鍋のサイズは豊富にあります

ぼうず鍋は直径が15cm~30cmなど、サイズは豊富。

あんを炊く量や収納場所に合わせて、選ぶことができます。

おすすめのサイズは、直径18cmか21cm。大量にあんを炊きたい方は24cmも持っておくことをおすすめします。

教室では、餅を練るのに18cm、あんを炊くのに21と24cmを使っています。

【目安】ぼうず鍋サイズと小豆の量の目安

 

18cmサイズ:乾燥小豆200gまで(あんの出来上がり量は、つぶあんなら600g、こしあんなら400g)

 

21cmサイズ:乾燥小豆400gまで(あんの出来上がり量は、つぶあんなら1200g、こしあんなら800g)

なお、ぼうず鍋の素材は「アルミ製」と「銅製」の2種類あります。アルミがおすすめです。値段が手頃で、軽量で扱いやすいです。

 

ぼうず鍋の購入について

ご購入は専門店で

ぼうず鍋は、浅草・合羽橋にある専門店などで購入できます。

お店で購入すると、鍋のお手入れ方法のアドバイスや、鍋の取っ手も装着してくれます。

※ご注意
鍋の取っ手は最初から装着されていません。購入時にお店の方にお願いすると装着してくれます。

 

ネットでも購入できます

合羽橋に行けない、という方はネットでも購入できます。

なお、鍋の取っ手の装着を希望される方は、事前に装着可能かをお店にご確認ください

 

直径18cmのぼうず鍋

直径21cmのぼうず鍋
 

ご自身で取っ手を付ける場合は、こちらの動画をご参考に

 
 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です