おすすめ蒸し器ーあんこラボで使用しています

和菓子作りに、蒸し器は欠かせません。まんじゅうを蒸す、白玉を蒸して餅にする、蒸し羊羹を作る、など。

和菓子を作るなら蒸し器はぜひ1台持っておきましょう!鍋を利用した簡易蒸し器では、物足りないことも。蒸し器の圧倒的な蒸気量で蒸すと、和菓子もおいしく出来上がりますよ。

あんこラボで使用している蒸し器がとても使いやすので、ご紹介します。皆さまの蒸し器選びの参考になると幸いです。

 

神子島製作所「桃印」の蒸し器

桃印というブランド名で販売されています。素材は「ステンレス」で形は「四角」。しっかりした作りで丈夫な蒸し器です。

 

特徴その1:ステンレス製

蒸し器には、ステンレスやアルミなどの金属製と、木製のせいろがありますが、教室ではお手入れのしやすさや衛生面を考慮し、ステンレス製を使用しています。

ステンレスなら、洗った後に布巾でふくだけでOK。せいろの場合は、完全に乾燥させないと、カビが発生することもあります。

また金属製なら、ニオイが残りません。和菓子以外のものを蒸すとニオイが残ることも。金属製ならその点、安心。洗えば大丈夫です。和菓子に強いニオイは大敵ですよ。

 

特徴その2:形が四角(角型)

蒸し器には丸型と、四角い角型の2種類があります。和菓子では断然、角型が便利。

四角形の型(流し缶や玉子豆腐器など)に流したものを蒸すことが多く、蒸し器の形も角型の方が、スペースを無駄にしないからです。

ただし、角型蒸し器はサイズが大きくなります。一番小さくても横・縦幅20cm以上。やや収納場所に困ります。家庭用の小さいサイズは、丸型になります。

 

特徴その3:サイズと段数について

サイズは数種類ありますが、あんこラボでは29cmのタイプを使用しています。5~6名様分の和菓子を蒸すには、最低29cm幅が必要です。

その他、22、24、27cmタイプもあります。ご家庭で使用するなら、22、24cmでも充分です。

 

また、段数は2段か3段を選択できます。教室では3段を使用しています。一番下は湯を入れる部分、上に2段の蒸し器がついて、3段です。

実際に3段目を使用することはほとんどありませんが、人数が多い場合や大きい型を2つ入れる場合などは、3段を使用します。

 

桃印の蒸し器は、下記のリンクから購入できます

浅草・合羽橋などで購入も出来ますが、蒸し器は大きく持ち帰りが大変なので、私もネットで購入しました。

◎桃印 角型の29cm 3段

◎桃印 角型の22cmの3段タイプ

◎桃印 角型の24cmの3段タイプ

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です