和菓子の動画レッスン

和菓子作りにおすすめの角型の蒸し器(金属製)

蒸し器は、和菓子作りで最もよく使う調理道具の一つ。まんじゅうを蒸す、蒸してもちを作る、蒸し羊羹を作るなど、とにかくよく使います。和菓子作りに本格的に取り組むなら、蒸し器は必須。

鍋で代用も可能ですが、蒸気の量や仕上がり状態を見ると、やっぱり蒸し器の方がいいですね。

今回はこれから蒸し器を購入しようとお考えの方に、おすすめの蒸し器をご紹介します。

蒸し器があると、和菓子作りがとても楽しくなりますよ

おすすめの蒸し器

蒸し器は金属製(ステンレス)がおすすめ

蒸し器の素材は大きく分けて2種類。せいろ(竹、杉、ヒノキ製など)と金属製(ステンレスやアルミ製)があります

和菓子で使うなら、金属製(ステンレス)がおすすめ。理由はお手入れが簡単だからです。

せいろは木製のため、使用後完全に乾燥させないとカビが発生します。さらに蒸したもののニオイが残ることも。一方、ステンレスは洗って、タオルで拭けばOK。お手入れは楽ちんです。

なお、せいろは料理に使う場合はおすすめです。例えば、おこわや赤飯、おはぎ用の餅米、茶碗蒸し、中華まんじゅうなど。金属製と異なり、木が水気を適度に吸ってくれるので、蒸しあがりが水っぽくありません。また、蓋にはツユ取り布を巻く必要もありません。

せいろは木の香りもとてもいいので、私も料理には時々和せいろを使っています。

和せいろについては、こちらもご参考に

【使い方】和せいろの使い方。購入前に、サイズ感や使い方を動画でぜひチェック!

形は丸形よりも、角型(四角形)がおすすめ

蒸し器の形は、丸型角型(四角形)の2種類があります。

和菓子に使うなら、角型をおすすめします。

理由は、四角形の型(流し缶や玉子豆腐器など)を使うことが多く、丸い蒸し器では、型をいくつも入れることができません。

角型だと、スペースを無駄にせずにいくつも入れられるので、おすすめです。

蒸し器のサイズ、たくさん蒸すなら29cm、普通量なら24cmがおすすめ

蒸し器のサイズは選り取り見取り。家庭用には小型タイプ(幅20cm以下)から、業務用には大型タイプ(幅30cm以上)まであります。

あんこラボでは幅29cmと24cmタイプを使用しています。5~6名様分の和菓子を蒸すには、最低29cm幅が必要です。

ご家庭で使用するなら、22か24cmがちょうどよいかと思います。

 

なお、蒸し器は2段か3段を選択できます。教室では3段を持っています。一番下は湯を入れる部分、上に2段の蒸し器がついて、3段です。

実際に3段目を使用することはほとんどありませんが、人数が多い場合や大きい型を2つ入れる場合などは、3段にします。

オススメの蒸し器は「神子島製作所の桃印」

教室でも使用しています。桃印ブランドの蒸し器がおすすめです。

桃印は、ステンレス製の角型。しっかりとした作りで、丈夫。長く使えます。かれこれ6年以上使っています。

桃印の蒸し器は、浅草・かっぱ橋のお店などで購入できます。ネットでも購入可能です。私もネットで購入しました。

 

桃印の蒸し器は、下記のリンクから購入できます

◎桃印 角型の29cm 3段(たくさん蒸したい方におすすめ)

◎桃印 角型の22cmの3段タイプ(1~2人分蒸したい方におすすめ)

◎桃印 角型の24cmの3段タイプ(3~4人分蒸したい方におすすめ)

蒸し器の使い方はこちらをご参考に

蒸し器(金属製)の基本の使い方

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です