【蒸し器選び】和菓子には角型の蒸し器がおすすめです

蒸し器は「まんじゅうを蒸す」「蒸してもちを作る」「蒸し羊羹を作る」など、いろいろな和菓子作りに使います。

鍋を利用した簡易蒸し器もありますが、蒸気の量や仕上がりを見ると、やや物足りないことも。やはり蒸し器の圧倒的な蒸気が、和菓子をおいしく仕上げてくれます。

和菓子を本格的に作るなら、ぜひ蒸し器は1台持っておきたいところ。しかし、実際に蒸し器を選ぶとなると、素材、サイズ、形で迷うことも。

そこで今回は、和菓子作りにおすすめの蒸し器をご紹介します。

おすすめの蒸し器

蒸し器は金属製(ステンレス)がおすすめ

蒸し器の素材は大きく分けて2種類。1つはせいろ(竹、杉、ヒノキ製など)、もう1つが金属製(ステンレスやアルミ製)です。

和菓子で使うなら、金属製(ステンレス)がおすすめ。理由はお手入れが簡単だからです。

せいろは、使用後に完全に乾燥させないとカビが発生しやすく、ニオイが残ることも。一方、ステンレスは洗って、タオルで拭けばOK。お手入れ楽ちんです。

 

形は丸形よりも、角型(四角形)がおすすめ

蒸し器の形は、丸型角型(四角形)の2種類があります。

和菓子に使うなら、断然角型をおすすめします。

理由は、四角形の型(流し缶や玉子豆腐器など)で蒸すことが多く、丸形では、型をいくつも入れることができません。角型だと、スペースを無駄にせずにいくつも入れられるので、おすすめです。

サイズはたくさん蒸すなら29cm、普通量なら24cmがおすすめ

家庭用の小型タイプ(幅20cm以下)から、業務用の大型タイプ(幅30cm以上)までサイズの種類は様々。

あんこラボでは幅29cmと24cmタイプを使用しています。5~6名様分の和菓子を蒸すには、最低29cm幅が必要です。

ご家庭で使用するなら、22か24cmがちょうどよいかと思います。

なお、蒸し器は2段か3段を選択できます。教室では3段を持っています。一番下は湯を入れる部分、上に2段の蒸し器がついて、3段です。

実際に3段目を使用することはほとんどありませんが、人数が多い場合や大きい型を2つ入れる場合などは、3段を使用します。

オススメの蒸し器は「神子島製作所の桃印」

教室でも使用しています。桃印ブランドの蒸し器がおすすめです。

ステンレス製の角型。しっかりとした作りで、丈夫。長く使えます。

桃印の蒸し器は、浅草・かっぱ橋のお店などで購入できます。ネットでも購入可能です。大きいと持ち帰りが大変なので、私もネットで購入しました。

 

桃印の蒸し器は、下記のリンクから購入できます

◎桃印 角型の29cm 3段(たくさん蒸したい方におすすめ)

◎桃印 角型の22cmの3段タイプ(1~2人分蒸したい方におすすめ)

◎桃印 角型の24cmの3段タイプ(3~4人分蒸したい方におすすめ)

蒸し器の使い方はこちらをご参考に

【使い方コツ】「ステンレス蒸し器」の基本の使い方

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です