小豆の新豆、ゆで方のポイント

10~11月は新豆のシーズンですね。新豆とはその年に収穫された豆のこと。全ての豆が新豆へと変わります。

新豆はやや水分が多いので、いつもと同じように炊くと、ゆで過ぎてしまうことも。

新豆を炊く際には、ぜひ次のポイントを押さえて炊いてみてください。きっと上手に炊き上がりますよ。

新豆の炊き方のポイント

新豆の特徴

新豆はひね豆(前年以降に収穫された豆)に比べ、水分が多いのが特徴です。

よく「新豆とひね豆のどちらが美味しいですか?」と聞かれますが、それぞれに美味しさがあります。新豆にはフレッシュな美味しさが、ひね豆には安定した熟成の美味しさがあります。

ただ、新豆は水分が多い分、ひね豆と同じように炊くと、ゆで過ぎることが多々あります。豆の形が残らないほどの煮崩れを起こすこともあります。

 

新豆の炊き方のポイントは?

ポイントは、新豆を炊く時は「いつもより早めに火を止める」

吸水もゆで時間も、少し短めにします。

通常、吸水には40分程度かかりますが、新豆なら30分程度で終わることも。またゆで時間も30分かかるところが、30分かからないこともあります。

でも時間を目安にするというよりも、豆の状態を見ていただいて、吸水が終わったかどうか、ゆであがったかどうかを確認するのがおすすめです。

 

つぶあんの作り方

新豆でもひね豆でも、あんの作り方は変わりません。

つぶあんの作り方
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。