【あん作りのコツ】小豆の新豆、ゆで方のポイントをお伝えします

10~11月は新豆のシーズンですね。新豆とは、その年に収穫された豆のこと。全ての豆が新豆へと変わります。

新豆はやや水分が多いので、いつもと同じように炊くと、ゆで過ぎてしまうことも。

新豆を炊く際には、ぜひ次のポイントを押さえて炊いてみてください。きっと上手に炊き上がりますよ。

新豆の炊き方のポイント

新豆の特徴

新豆の魅力は、そのみずみずしさにあります。ひね豆(前年以降に収穫された豆)に比べ、よりフレッシュです。

新豆、ひね豆はどちらがいいということはなく、それぞれに美味しさがあります。(ちなみに私はひね豆の方が好きです)

新豆を炊く時にいつもと同じような時間で炊くと、ゆで過ぎることがあります。

何故なら新豆はひね豆(前年やそれより以前に収穫された豆のこと)よりも水分が多いので、早く吸水でき、また柔らかくなるのも早いです。お米と同じですね。新米も水分が多いので、炊く時は水を少し減らします。

新豆を炊く時は「いつもより早めに火を止める」、これがポイントです。

ポイントその1:びっくり水の回数は3回まで

小豆を吸水している間に冷水を投入することを、びっくり水と言います。ひね豆を炊く場合は、びっくり水を4~5回入れていますが、新豆の場合は3回でOKです。豆は充分に膨らんでいます。

ポイントその2:ゆで時間は短めに

通常、小豆のゆで時間は30~40分かかりますが、新豆は30分もかかりません。

いつもより早めに豆の柔らかさをチェックしてみてください。簡単につぶれる柔らかさになっていたら、ゆでは終了です。ゆで過ぎると、豆が破れてしまいますので、ゆで過ぎにはご注意ください。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です