いちごあんの作り方

甘酸っぱくて美味しい、いちごあんの作り方です。

いちごなどフルーツ餡を作る時は、白あんがベース。

いちごはジャムにしてから餡と混ぜ合わせます。

最近は各フルーツパウダーでフルーツ餡を作ることもありますが、美味しさではジャムの方がおすすめ!

ジャムを作る手間はありますが、味の濃い美味しいいちご餡が出来ますよ。

あんこラボ
あんこラボ

生のフルーツは水分が多いので、餡にはそのまま入れられません

なので、ジャムなどにしてからあんと混ぜます

いちごあんの材料

・白あん:200g
・いちごジャム:40g(あんの20%)

<いちごジャムの材料>
・いちご(1パック)
・砂糖(いちご重量の25%)
・レモン汁(1個分)

いちごジャムにおすすめの品種

いちごの品種と言えば、とちおとめ、あまおう、さがほのか、べにほっぺなどありますが、ジャムにおすすめはロイヤルクイーン。栃木県を中心に栽培されている品種です。特徴はやや小粒ですが、果汁が多く、色が濃いこと。いちごあんは加熱時に退色しやすいのですが、ロイヤルクイーンなら、さほど退色しません。

ロイヤルクイーンが無ければ、とちおとめがおすすめです。


いちごあんの作り方

1. いちごジャムを作る

イチゴを洗い、ヘタを落とし、適当なサイズ(小さいものは半分に、大きいものは1/4サイズ)にカットします。

イチゴの重量を計り、その25%の砂糖を用意し、鍋にイチゴと砂糖を入れます。
 

30分ほどそのまま置きます。イチゴから水分が出たら、レモンのしぼり汁を加え、火にかけます。火加減は弱火~中火です。

途中でアクをこまめに取り除きます(アクを取ると透明感のあるきれいな色のジャムに仕上がります)
とろみが出たら、火を止め、煮沸した保存瓶に入れておきます。
 

2. いちごあんを作る

白あん200gにいちごジャムを40g加え、混ぜ合わせ、完成です。

あんこラボ
あんこラボ

白あんとジャムの比率は5:1がおすすめです

あんがゆるい場合は、いちご餡を加熱し水分を飛ばしてください。

鍋に入れ、火にかけます。ふつふつと沸いてきたら、火を止め、バットに移して冷ましてください

日持ち・保存

冷蔵庫で保管し、翌日までにお召し上がりください

いちご餡は、どらやきに入れるのがおすすめ。ぜひお試しください

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。