しっとり どら焼きの作り方

どら焼きと聞くと「うさぎや派?亀十派?いやいや草月派?」なんて会話が30分は続きます。どら焼きは話しがつきません。

東京はどら焼き天国。東京三大どら焼きをはじめ、人形町の清寿軒、池袋のすずめや、うさぎやも上野、日本橋、阿佐ヶ谷、トラ柄の虎家喜、そばどら焼きなどなど、挙げるときりがありませんね

なぜ東京はこんなにもどら焼きが溢れているのか、詳細は不明です。江戸っ子は手早く食べられるそばが好き、なのと同じで、がぶりと頬張れるどら焼きを好んだのかも(あくまでも私見)

どら焼きレシピはいろいろありますが、ご紹介するのは基本の三同割。あれこれ手を加えるよりも、作り方も材料もシンプルな方が美味しいです。Simple is best

どら焼きの材料と道具

材料:4個分

<生地>
・全卵:50g
・砂糖:50g
・薄力粉:50g
・重曹:0.7g
・みりん:3g
・水:12g

<中あん>
・つぶあん:120g(30g×4個)

<その他>
・サラダ油:適量

道具

・ボウル
・ホイッパー
・粉ふるい
・さじやレードル(大さじスプーンなどでも代用可)
・ヘラ
・ホットプレートまたはフライパン

どら焼き作りに持っておきたいおすすめ道具はこちらでご紹介しています

どらやき作りにあると便利な道具4つ

どら焼きの作り方

生地を作る

ボウルに全卵を入れ、ホイッパーでコシを切るように、ほぐします

砂糖を加え、ホイッパーを左右に動かしながら、混ぜます。ややとろっとした状態になればOKです(2~3分立て程度)

重曹に微量の水を加え、溶かし、ボウルに入れます

薄力粉をふるい入れ、ホイッパーで混ぜ合わせます。生地が滑らかになるまで混ぜておきます

生地を休ませる(30分)

ラップをして、30分ほど休ませます。夏場などは冷蔵庫に入れておきます

水とみりんを加える

水とみりんを加え、ホイッパーで混ぜ合わせます

生地を焼く

フライパンまたはホットプレート(160~200℃)を十分に熱し、サラダ油を塗り、もう一度よく温めます

油が温まったら、さじで生地をすくい、フライパンの一点に落とします

あんこラボ
あんこラボ

どら焼きはやや小さめに焼くのがおすすめです。小さい方がヘラで返しやすいので、きれいに焼き上がります

表面に気泡が現れたら、ヘラで返します。

返し方のコツは、躊躇しないこと。ヘラを生地の中心部まで差し込み、勢いよく返します
なお、気泡が貫通する前に返してください。返すタイミングが遅れると、表面に穴が開きます

裏面を焼きます。裏面が焼けたら、トレイにのせ、粗熱を取ります

 

どら焼きの皮をきれいに焼くコツは?

どら焼きを丸くこんがりきつね色に焼くコツ

あんを入れる

どら焼きにあんを入れ、2枚で挟みます。あんを入れたら、皮の端を軽く押さえ、閉じます

完成です

どら焼き生地の混ぜ方や焼き方は動画もご参考に

どら焼きの賞味期限・作り方・アレンジなど補足

・どら焼きは作ってから3日以内にお召し上がりください

・作った当日よりも、翌日の方が皮もしっとりして美味しくなりますよ!

・どら焼きを焼く際は、フライパンでもホットプレートでもしっかりと温めてから焼いてください。きつね色に焼き上がります

・砂糖は上白糖だけでなく、きび砂糖や黒糖を使うのもおすすめです

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。