和菓子の動画レッスン

どら焼きのレシピ

どらやきと聞くと「うさぎや派?亀十派?いやいや草月派?」なんて会話が30分は続きます。どらやきは話しがつきません。

東京はどらやき天国。東京三大どらやきをはじめ、人形町の清寿軒、池袋のすずめや、うさぎやも上野、日本橋、阿佐ヶ谷、トラ柄の虎家喜、そばどらやきなどなど、挙げるときりがありません。が、私は変わらずうさぎや派です。

なぜ東京はこんなにもどらやきが溢れているのか、詳細は不明。江戸っ子は手早く食べられるそばが好き、なのと同じで、がぶりと頬張れるどらやきを好んだのかも(あくまでも私見)

どらやきレシピはいろいろありますが、ご紹介するのは基本の三同割。あれこれ手を加えるよりも、作り方も材料もシンプルな方が美味しいです。Simple is best

どらやきの材料と道具

材料:4個分

<生地>
・全卵:50g
・砂糖:50g
・薄力粉:50g
・重曹:0.7g
・みりん:3g
・水:12g

<中あん>
・つぶあん:120g(30g×4個)

<その他>
・サラダ油:適量

道具

・ボウル
・ホイッパー
・粉ふるい
・さじやレードル(大さじスプーンなどでも代用可)
・ヘラ
・ホットプレートまたはフライパン

どらやき作りにおすすめの道具をご紹介

【おすすめ道具】ご自宅で本格的などらやきを作るなら、持っておきたい道具4選

どら焼きの作り方

美味しく作るポイント

1. 生地は30分休ませる

どらやきは薄力粉を使うので、混ぜた後は30分以上休ませてください。休ませるとグルテンが落ち着きます。

2. 生地を焼く際は、フライパン(ホットプレート)をしっかり温めてから

どらやきは、生地作りよりも焼きの方が難しく、フライパンやホットプレートの温度調節がポイントになります。最初に温めてから焼きますが、十分に温めてからください。温めが足りないと、ふくらみや焼き色が上手くできません。

1. 生地を作る

ボウルに全卵を入れ、ホイッパーでコシを切るように、ほぐします

砂糖を加え、ホイッパーを左右に動かしながら、混ぜます

ややとろっとした状態で、色が白っぽくなればOKです(2~3分立て程度)

重曹に微量の水を加え、ボウルに入れます

薄力粉をふるい入れ、ホイッパーで混ぜ合わせます。生地が滑らかになるまで混ぜておきます

2. 生地を休ませる(30分)

ラップをして、30分ほど休ませます。夏場などは冷蔵庫に入れておきます

3. 水とみりんを加える

水とみりんを加え、ホイッパーで混ぜ合わせます

4. 生地を焼く

フライパンまたはホットプレート(160~200℃)を十分に熱し、サラダ油を塗ります。油を塗ってからも、もう一度よく温めます

油が温まったら、さじで生地をすくい、一点に落とします

表面に気泡が現われるまで待ちます。気泡がでたら、ヘラで返します。返し方のコツは、躊躇しないこと。ヘラを生地の中心部まで差し込み、勢いよく返します
なお、気泡が貫通する前に返してください。返すタイミングが遅れると、表面に穴が開きます

裏面を焼きます。裏面が焼けたら、トレイにのせ、粗熱を取ります

どらやきの皮をきれいに焼くコツはこちら

どら焼きをきれいに焼くコツ

5. あんを入れる

どらやきにあんを入れ、2枚で挟みます
あんを入れたら、皮の端を軽く押さえ、閉じます。

完成です

 

 

動画を見る


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です