米の粉で作る、もっちりどらやきの作り方/レシピ

阿舎利餅、お好きですか?京都・満月さんの和菓子。阿舎利餅ファンの方も多いと思います。私も好きです。生地はもっちり、中のつぶあんとの相性抜群。この阿舎利餅のようなどらやきを作りたいと試作を重ねました。そして出来上がったが今回ご紹介するレシピ。

ポイントはもち粉を使うこと。ただ、もち粉だけでは生地が柔らかく、焼く際に返しにくいため、上新粉を加えています。実際に阿舎利餅の食感の再現は難しく、やや近い食感のモノが出来ました。

小麦にはない、米ならではの味と食感。いつものどらやきとは違うものを作りたい、という方におすすめ。春のさくら餡にも合いますよ。

もっちりどらやきの材料

4個分

  • 生地
    • 全卵:50g
    • 砂糖:35~40g
    • もち粉:32g
    • 上新粉:8g
    • 水:10g
  • 中あん
    • つぶあんやこしあん等:80~100g(20~25g×4個)

おすすめのあんは「桜あん」です。見た目も華やか。あんがやや甘塩っぱく、どらやき生地とよく合います
桜あんの作り方は、下記をご参考に

桜あんのレシピ/作り方

生地を作る

1. ボウルに卵50gを入れ、溶きほぐしておきます

  

2. 続いて砂糖を加え、ホイッパーですり混ぜます。

ややもったりとした2分立て(とろみのついたソースのような状態)程度まで、混ぜておきます

     

3. 上新粉ともち粉を加えて、ホイッパーでしっかりと混ぜておきます

※上新粉ともち粉の違いは、下記をご参考に
【和菓子の基本】米粉について

4. 最後に水を加えて、混ぜます

生地を焼く

ホットプレートなら150~200度で、フライパンなら弱~中火で焼きます。

油を塗り、もう一度温めます

銅鑼さじ(無ければ、形状の丸いお玉など)で生地をすくい、一点に生地を落とします
※一点に落とすことで、生地は丸く広がります

やや気泡が現われ、全体がふんわりとしてきたら、ヘラで返します
※生地が柔らかいので、返す際は慎重に返します

 

裏面も焼きあがったら、網などにのせ、冷ましておきます

 

生地を挟む

生地が冷めたら、あんをのせ、もう一枚の生地で挟み、完成です

 

  •  

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です