八丁味噌で甘辛ポップコーンの作り方

名古屋めしに欠かせないのが、八丁味噌。味噌煮込みに赤出汁、味噌かつ、おでんなど、濃厚な味わいが特徴ですね。

じつは、お菓子にもいい味を出してくれるのです。

今回は八丁味噌で甘辛タレを作り、ポップコーンに絡めました。

甘塩っぱくて、お酒のおつまみにも合う一品。美味しくて、ついついポップコーンを食べる手が止まらなくなります。ぜひお試しください

甘辛ポップコーンの材料と道具

材料:

<甘味噌ダレ>
・八丁味噌:10g(八丁味噌以外の赤味噌でもOK)
・砂糖:50g
・水 :0g

・ポップコーン用のコーン:30g
(スーパーなどで購入できます。私は近所の成城石井で購入しました)

・サラダ油

道具

・ボウル
・ヘラ
・鍋またはフライパン
・鍋の蓋
・オーブン

八丁味噌とは?

八丁味噌は赤味噌の一つで、豆麹で発酵させる「豆味噌」です。材料は大豆、水、塩のみ。

愛知・岡崎市のカクキューさんとまるや味噌さんが作る赤味噌のみが、八丁味噌と名乗ることができるそうです。

八丁味噌の由来は、岡崎城から西へ八町行った八帖町で作られていたため、その名が付いたそうですよ。

八丁味噌は、全国の百貨店やスーパーで購入できます。

八丁味噌の甘辛ポップコーンの作り方

動画を見る

1. 甘味噌ダレを作る

ボウルに砂糖、味噌、水を入れ、混ぜ合わせます。

2. ポップコーンを作る

鍋に油を入れ軽く温め、ポップコーンを入れ、蓋をします。

時折、鍋をゆらし、コーンが焦げないようにします。

2~3分ほどすると、ポップコーンが弾けだします。

全てのコーンが弾けると、音が静かになります。火を止め、ボウルに入れます。

3. 甘味噌ダレをポップコーンに絡める

鍋に甘味噌ダレを入れ、温めます。続いてポップコーンを入れ、タレをまんべんなく絡めます。

火を止め、クッキングシートに広げます。

4. 乾燥させる

急ぎサクサク食感にしたい場合は、オーブンで乾燥させます。

天板にのせ、100℃に温めたオーブンに入れ、5分間温めながら、乾燥させます。

 

乾燥させたら、ポップコーンが湿気ないように、保存してください。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。