“やわらかい”よもぎ餅の作り方

柔らかいよもぎ餅のレシピをご紹介します。
(以前ご紹介した「よもぎ餅のレシピ」はしっかりとした歯ごたえのあるもの)

もちの柔らかさ・固さの好みは、個々で分かれます。手作りなら、好みに合わせて作れるのがいいところ。

そもそも、もちの柔らかさ・固さを決めるものは何か?じつは、粉と水の量で決まります。

柔らかいもちを作りたい場合は水の量を多めに(おすすめは粉の1.1倍程度)、歯ごたえのあるもちを作りたい場合は、水を少なめ(おすすめは粉の0.8~0.9倍)にすればOK。ごはんの炊き方と一緒。例えばすし飯用のやや固めのごはんを炊く場合に、やや水を減らすのと同じです。

両方のレシピを作り比べて、好みの柔らかさを見つけてみてください。

よもぎ餅の材料と道具

材料:4個分

〇生地
・白玉粉:10g
・上新粉:50g
・水  :65g(白玉粉+上新粉の約1.1倍)
・砂糖 :10g
・よもぎパウダー:3g
・よもぎパウダー用の湯:10g

〇中あん
・つぶあん:80g(20g×4個)

〇その他
・きなこ:適量

白玉粉と上新粉の違いなど、米の粉について詳しくはこちらをご参考に

【材料の基本】米粉について学ぼう!

道具

・蒸し器
・金属製の型やバット(玉子豆腐器がオススメです)
・ボウル
・ゴムベラ
・木べら

もち菓子作りに便利なアイテム「玉子豆腐器」についてはコチラ
和菓子を作るなら持っておきたい「流し缶(玉子豆腐器)」のご紹介

よもぎ餅の作り方

よもぎパウダーに湯を加え、ふやかす

1. ボウルによもぎパウダーを入れ、湯を加えて、混ぜておきます
※湯の量はよもぎパウダーの3~5倍です

     

生地を作る

2. 白玉粉に水を加え、ゴムベラなどで混ぜます。
※白玉粉の粒をしっかりと溶かしておきます

 

3. 続いて、上新粉と砂糖を入れ、混ぜます。

4. 生地を型に入れます

玉子豆腐器などの金属製の型に、濡れた手ぬぐいを置き、生地を流し入れます(手ぬぐいは必ずに濡らしておきます。後でもちがとりやすくなります)

もちを蒸す

5. 蒸し器を沸騰させます。型ごと蒸し器に入れ、蓋をします。火加減は強火、蒸し時間は20分です
※蓋にはつゆ取り用の布をかけておいてください

生地をこねる

6. 蒸したもちをボウルに入れます。木べらで軽くこねます

7. 続いて、ふやかしたよもぎ10gを加えます。

力を入れてこねます。もちの粗熱がとれたら、手でこねると手早く混ざります。その際、手袋をはめるともちが手に着きにくく、こねやすいです。手袋が無い場合は、手を濡らし、もちをこねてください

あんを包む

8. あんを20gで4個分丸め、きなこ(大さじ1)をバットに置きます

9. 手を濡らし、もちを4つに分割し、丸めます。

10. もちを手のひらで広げ、あんをのせ、包みます。閉じ目は、指でつまんでおきます

 

11. 包み終わったら、もちの底にきなこをつけます。お好みで上にきなこをふりかけ、完成です

作った翌日までにお召し上がりください。もちがやや固くなってしまった場合は、もう一度蒸すか、レンジで温めると柔らかくなります。

しっかり歯ごたえのあるよもぎ餅のレシピはコチラ

しっかり歯ごたえの「よもぎ餅」の作り方
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です