福岡・大宰府名物「梅ヶ枝餅」の作り方

福岡・大宰府天満宮の銘菓、梅ヶ枝餅。円盤型で両面に焼き目が付き、中にはしっかりと甘さのあるあんが包まれたもち菓子です。

梅ヶ枝餅の美味しさは、中のあんも去ることながら、その生地にあります。もっちりとして、香ばしい、他のもち菓子にはない独特の美味しさ。一度はまると病みつきになります。

ただ残念なことに、梅ヶ枝餅は福岡以外でなかなか食べられません。ほぼ他県に出店していないのです(催事除く)。あー残念過ぎる、、、ということで、梅ヶ枝餅のレシピを作ってみました。作り方のポイントは蒸し焼きにあり。ぜひお試しください。

梅ヶ枝餅の材料と道具

材料:3個分

〇生地
・白玉粉:25g
・上新粉:25g
・水  :45g

〇中あん
・つぶあん:75g(25g×3個分)

道具

・ボウル
・ゴムベラ
・フライパン

レシピ動画

梅ヶ枝餅の作り方

1. 生地を作る

ボウルに白玉粉と水を入れ、混ぜ合わせます。白玉粉の粒が溶けたら、上新粉を加え、混ぜ合わせます。

2. あんを丸める

あんを3等分し丸めておきます。

3. あんを包む

バットに濡らしたキッチンペーパーを置きます。

生地を3等分し丸め、あんを包みます。あんを包んだら、キッチンペーパーの上に置きます

4. 焼く(蒸し焼き)

フライパンを温め、油を塗ります。充分にフライパンが温まったら、もちを置き、両面に焼き目を付けます。

焼き目が付いたら水を少々加え、蓋をして、3分蒸し焼きにします。

3分後、蓋を開けたらもちをひっくり返し、片面だけ焼きます。片面がパリッとしたら、取り出し、完成です。

熱々のうちにお召し上がりくださいね

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です