丸ごと柑橘寒天ゼリーのレシピ

冬から春にかけて旬を迎える柑橘類。みかんに、伊予柑、甘夏、八朔、ぽんかん、デコポンなどいろいろありますね。鮮やかなオレンジ色を見ると、気分も明るく元気になりますね。

柑橘類で和菓子を作るなら、丸ごと使って作る寒天ゼリーがオススメです。果汁と果肉をゼリーに、皮を容器に使います。

みずみずしく、甘酸っぱくて、ゼラチンとは異なる寒天独特の歯ごたえ。おやつに、そして食後のデザートに、ぜひどうぞ

柑橘丸ごとゼリーの材料と道具

材料:柑橘2個分

・伊予柑または甘夏:2個
・水
・糸寒天または棒寒天:4g
・砂糖:50g

道具

・鍋
・ミキサー
・ボウル
・ゴムベラ
・ザル

柑橘丸ごとゼリーの作り方

作り方のポイント

ポイント1:ゼリーを作るのに、オススメの柑橘類は?

柑橘類と言っても、種類はいくつもあります。ゼリーを作るなら、オススメは伊予柑か甘夏。サイズが大きく、果汁も多く、甘さと酸味のバランス良し。皮もしっかりと厚みがあります。なお、みかんやオレンジは、果汁たっぷりで糖度も高いのですが、サイズが小さく、皮も薄いので丸ごとを使うには不向きです。

 

ポイント2:果汁と果肉を取り出す際は慎重に

果汁と果肉を取り出す際は、ナイフやスプーンを使い、皮を傷つけないよう慎重に取り出します。皮に穴が開いたり切れてしまうと、ゼリーが漏れ出てしまいます。

 

ポイント3:寒天と果汁を合わせるタイミングは、寒天が固まる少し前に

寒天は柑橘の「酸」が加わると、固まりにくくなります。そのため、柑橘の果汁は寒天が固まる少し前に加えてください。具体的には、寒天を煮溶かし、ボウルに移し入れ、寒天液をある程度の温度まで冷やしてから、果汁を加えます。

柑橘寒天ゼリーの作り方

寒天を戻す

1. ボウルに寒天と水(寒天が充分に浸かる量)を入れ、寒天を戻します。時間は6時間ほど。半日ほど置いておいても大丈夫です。

柑橘の果汁と皮を用意する

2. 伊予柑または甘夏の上をカットします。スプーンやナイフを使い、中の果肉を丁寧に取り出します。

3. 果肉を取り出したら、ミキサーにかけ、果汁を用意します。皮は中をきれいに洗っておきます。

4. 果汁をザルで漉し、量を計ります。果汁と水を足して合計450gにするため、水の量を計算します。

例)果汁が270gなら、水を180g用意します(450g-270g=180g)

寒天を煮溶かす

5. 鍋に寒天と水(4で計量した量)を入れ、火にかけます。中~強火にかけ、沸騰したら2~3分そのまま火にかけ、寒天を完全に溶かします(火加減は要調整)

6. 寒天が溶けたら砂糖を加え、砂糖が溶けたら火を止め、ボウルに漉し入れます

寒天を冷やし、果汁を加える

7. 寒天液のボウルを冷水にあてながら、寒天液から湯気が出なくなるまで冷やします。

8. 寒天液がある程度冷めたら果汁を加え、ゼリー液を作ります

9. 容器にゼリー液を流し入れます

冷やし固める

10. 冷蔵庫に入れ、冷やし固めます。なお、寒天は常温でも固まりますが、美味しく食べるには冷蔵庫で2~3時間冷やすのがオススメです。

固まったら蓋をして、完成です。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です