【寒天レシピ】つるんと滑らか「牛乳寒天」の作り方

昔ながらのおやつ、牛乳寒天を作ります。今でもコンビニスイーツの中では不動の人気。

牛乳と寒天、そしてミカンという素朴な組み合わせなのですが、時々無性に食べたくなる不思議な存在です。

今回のレシピでは、ミカンの代わりにセミノールのシロップ煮を作りました。

作り方はとても簡単。ぜひお試しください。

牛乳寒天の材料/道具

材料:玉子豆腐器(12×7.5cm)1つ分

<牛乳寒天>
・糸寒天または棒寒天:3g
・牛乳:330g
・砂糖:50g

<柑橘のシロップ煮>
・オレンジなど柑橘類:1個
(今回のレシピでは、セミノールを使っています)
・砂糖:20g
・水:100g

道具

・玉子豆腐器(小)
・鍋
・ボウル
・ゴムベラ
・ザル

【和菓子道具】和菓子作り始めるなら持っておきたい道具②:流し缶(玉子豆腐器)

牛乳寒天の作り方

下準備(6時間以上前)

1. 寒天を水で戻す

寒天3gを計量し、ボウルに水と共に入れ、寒天を戻します。6時間以上浸けてください。
※水は分量外。寒天がボウルの中で十分に浸かる分量を入れてください

柑橘のシロップ煮を作る

柑橘の皮をむき、果肉を1房ずつ取り出します

鍋に水と砂糖を入れて沸騰させます。オレンジを入れ、5分ほど弱火で煮ます。

ボウルに移し入れ、冷ましておきます

寒天を煮溶かす

2. 寒天を洗う

寒天をザルにあけ、流水で洗います。洗い終わったら、絞って水気を取ります

棒寒天の場合は、小さくちぎって、鍋に入れます

3. 寒天を煮溶かす

鍋に牛乳を入れ、火にかけます。火加減は中~強火です。

沸騰したらやや火を弱め、そのまま2分間火にかけておきます。途中でヘラで混ぜながら、寒天を溶かします
※牛乳は吹きこぼれやすいので、ご注意ください

4. 砂糖を加える

寒天が溶けたら砂糖を加えます。砂糖が溶けたら、火を止めます

5. ボウルに漉し入れる

ボウルにザルをのせ、漉し入れます

玉子豆腐器に流し入れ、上に柑橘のシロップ煮をのせます


※柑橘は沈みません

寒天を固める

粗熱が取れたら冷蔵庫に入れ、しっかりと冷やし固めます(2時間以上)

固まったら、お好みのサイズにカットして完成です。

 

寒天の基本の使い方とポイントもご参考に

【和菓子の材料】寒天の基本の使い方とポイントをまとめました
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です