マンゴーの杏仁豆腐羹

寒天を使った杏仁豆腐のレシピをご紹介します。

寒天を使うと歯ごたえあるゼリーに。上にはマンゴーソースをかけて、色どり鮮やかにしました。

作り方のポイントは寒天をしっかりと煮溶かすことと裏漉しすることです。

ぜひ作ってみてください

マンゴーの杏仁豆腐羹の材料と道具

材料:プリンカップ4個分

<杏仁豆腐>
・糸寒天または棒寒天:2g
・水:100g
・砂糖:40g
・杏仁霜:6g
・牛乳:200g

・冷凍マンゴー:100g程度(コンビニで販売している冷凍マンゴーがおすすめです)
 

道具

・ボウル
・ゴムベラ
・鍋
・ザル
・プリンカップ(100円ショップで販売しているプッチンプリン型がおすすめ)


マンゴーの杏仁豆腐羹の作り方

調理時間:約30分(寒天を戻す、固める時間を除く)

1. 下準備

<調理の半日以上前に>

糸寒天2gを計量し、ボウルに入れ、水を注ぎ、6時間以上置きます

<調理の1時間前に>

冷凍マンゴーを冷蔵庫に入れ、解凍します

2. 杏仁豆腐羹を作る

ボウルに砂糖と杏仁霜を入れ、ホイッパーで混ぜ合わせます
※杏仁霜はダマになりやすいので、先に砂糖と混ぜ合わせておくのがポイントです

牛乳を耐熱容器に入れ、電子レンジで人肌程度に温めます

糸寒天を流水で洗い、鍋に入れ、水100gを加えて火にかけます。沸騰までは触らずに、沸騰してからはヘラで混ぜて寒天を溶かします。2分程したら温めた牛乳、砂糖と杏仁霜を加えて、混ぜ合わせます

沸騰までは触らないようにします
沸騰したらヘラで混ぜ、寒天を溶かします
温めた牛乳を加え
砂糖と杏仁霜も加え
混ぜます

沸騰の手前で火を止め、ボウルにザルで漉し入れます

3. 杏仁豆腐羹を冷やす

プリンカップ4個に杏仁豆腐羹を注ぎ入れ、粗熱が取れたら冷蔵庫に入れ、冷やし固めます

4. マンゴーソースを作る

解凍したマンゴーの2/3量をザルで裏漉し、滑らかにします。残りの1/3をひと口大にカットします

固まった杏仁豆腐羹の上に裏漉したマンゴーとひと口大にカットしたものをのせて完成です

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です