コーヒーぜんざいの作り方

喫茶店メニューで人気のコーヒーぜんざい。

そのスタイルは、お店によってさまざま。小豆のぜんざいにコーヒーをかけたものや、コーヒーゼリーにあんをのせたものなど。

今回のレシピはコーヒー味の寒天に、つぶあんをのせたスタイル。東京・新宿の但馬屋さんのコーヒーぜんざいを参考にさせていただきました。(但馬屋さんのお店の雰囲気、とってもよくて、時折通ってます)

コーヒーぜんざい、美味しさの決め手はコーヒーの味もさることながら、ホイップクリームのトッピング。苦さと甘さの両方が楽しめます。

コーヒーぜんざい。ぜひお試しください

コーヒーぜんざいの材料と道具

材料:2~3人分

・糸寒天 :4g
・水   :330g
・インスタントコーヒー:5~6 g
・つぶあん:30g×人数分
・白玉団子またはホイップクリーム
・白みつ
 グラニュー糖:30g
 湯:25g

あんこラボ
あんこラボ

インスタントコーヒーは、ネスカフェのエクセラを使っています。エクセラ、おすすめです!

道具

玉子豆腐器(12×7.5cmサイズ
・鍋
・ゴムベラ
・ザル
・ボウル

コーヒーぜんざいの作り方

1. 糸寒天を戻す

ボウルに寒天と水(寒天が充分に浸かる量)を入れ、半日ほど置きます。夏は冷蔵庫に入れておくと安心ですよ

2. インスタントコーヒーを作る

ボウルにインスタントコーヒーと水を入れ、混ぜ、コーヒーを溶かします

3. 寒天を煮溶かす

鍋にコーヒーを入れます

寒天を流水で洗います。コーヒーの鍋に寒天を入れ、火にかけます(中~強火)。沸騰したらゴムベラで混ぜ、寒天を溶かし、3~4分そのまま火にかけます(火加減は要調整)

寒天が溶けたら火を止め、ボウルに漉し入れます

あんこラボ
あんこラボ

沸騰してから、ヘラで混ぜてください

4. 玉子豆腐器に入れる

玉子豆腐器に入れ、そのまま常温に置き、粗熱を取ります

粗熱が取れたら冷蔵庫に2時間ほど入れ、冷やし固めます。

寒天が固まる間に、白みつを作ります

グラニュー糖30gと湯25gを鍋に入れ、沸騰したら火を止めます。容器に入れ、冷えたら完成です(要冷蔵)

5. 寒天カットに盛り付け、トッピング

コーヒー寒天が固まったら、型から出し、サイコロ状にカットします

器に盛り、つぶあんとゆでた白玉団子またはホイップクリームをのせて、完成です。

作り方は動画でもご覧いただけます

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。