【和菓子本】季節の和菓子の種類を知りたい方に、おすすめの本3選

和菓子の種類は数多く、どの季節にどんな和菓子を食べるのか、意外と知らないもの。

春の桜餅や柏餅、お彼岸のおはぎなどはおなじみですが、茶席菓子やローカルな季節菓子を含めると、じつにさまざまな和菓子がありますす。

しかも、ほんのひと時しかお目見えしないものや、特定の行事にのみに食べられるものもあり、私も和菓子の仕事を始めてから知ったものがほとんどです。

今回は、季節の和菓子の種類を知りたい方におすすめの本をご紹介します。

季節の和菓子の種類を知りたい方におすすめの本3選

おすすめ1位:情報量の多さは一番!分かりやすく、読みやすい

美しい和菓子の図鑑

とらやご出身の青木直己さんの本。イラストを交え、1~12月各月の和菓子の説明はもちろんのこと、人生の節目行事ごとの和菓子、神社・寺の歴史と共に歩んできた和菓子など、幅広く紹介されています。情報量は1番。1冊読めば、和菓子のこと大まかに理解できます。

本のレイアウトも見やすく、イラストと説明が分かりやすく掲載されており、読みやすいのもおすすめの理由。

これから和菓子作りを始めたい方や、始めたばかりの方など、幅広くおすすめしたい1冊です。

なお、本中に掲載の和菓子は全てイラストで表現。写真はありません。


おすすめ2位:和菓子と共に暦(二十四節気)も知りたい方におすすめ

和菓子のこよみ12ヶ月

平野恵理子さんがつづる和菓子エッセイ本。

平野さんのほんわかイラストと共に、二十四節気・七十二候に食べる和菓子・おかしが紹介されています。茶席の和菓子ではなく、馴染みある和菓子・おやつ系を知ることのできる1冊です。

詳細を知るというよりは、大まかに季節の和菓子を知りたい方におすすめです。私は10年以上前に買ったのですが、今でも時々読んで楽しんでいます。

おすすめ3位:茶席菓子を知りたい方におすすめ!

ときめく和菓子図鑑

 写真入りで季節の和菓子が紹介されている、高橋マキさん著の本。

紹介されている和菓子は茶席菓子が中心となりますが、とても分かりやすく読みやすい1冊です。

ぜひご参考に。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。