水まんじゅうの作り方

水まんじゅうは暑い夏におすすめ。ツルっとした喉ごしに、見た目も涼やか。

ちなみに水まんじゅうと葛まんじゅうの違いをよく聞かれますが、特に無いようです。作ったものを水まんじゅうと呼ぶか、葛まんじゅうと呼ぶかだけのよう。”水まんじゅう”の響きの方が、より涼しさを感じる…のは私だけでしょうか。

「水まんじゅうの素」も売っていますが、粉寒天と葛粉があればOK。

作り方もシンプルです。ぜひお試しください!

水まんじゅうの材料と道具

材料:6個分

・粉寒天:0.6g
・水:100g
・葛粉:4 g
・水:20g
・砂糖:12g
・こしあん:60g(10g×6個分)

あんこラボ
あんこラボ

粉寒天0.6gは、なるべく微量計で計りましょう

道具

・水まんじゅう用のカップ
※小さめのおちょこでもOK
・ボウル
・ゴムベラ
・茶漉し
・鍋

水まんじゅうの容器はコチラを使っています(5セット売りですが…)。小さめのひと口サイズで、量がちょうどいいのです。ちなみに容量は1穴15ccです

水まんじゅうの作り方

1. あんを丸めておく

あんを丸めます

2. 葛粉を溶かす

葛粉4gに水20gを加え、溶かし、茶漉しで漉します

3. 寒天を煮溶かす

粉寒天0.6gと水100gを鍋に入れます。強火にかけ、ヘラで混ぜながら、沸騰させます。

沸騰したら、やや火を弱め、15秒ほど火にかけます。続いて、砂糖を加えます

4. 葛液を加える

砂糖が溶けたら、一度火を止め、葛液を加えます。

再び火をつけ、混ぜながら、沸騰させます

あんこラボ
あんこラボ

よく混ぜ、葛がダマにならないようにします。が、混ぜすぎると空気が入り、生地に気泡がたくさんできてしまうため、適度に混ぜるのがコツです

沸騰して、ややとろみがついたら火を止めます

あんこラボ
あんこラボ

少しとろみがついたところで火を止めてください

5. 容器に入れる

容器に生地を入れます

スプーンで生地をすくい、容器の半分の高さまで入れます

あんを入れます

上から生地を流し入れます

6個分入れたら、冷蔵庫に2時間以上入れ、冷やし固めます

あんこラボ
あんこラボ

生地が少し余ったら、あん無しも作ります

6. から出す

固まったら、型から取り出します

取り出した後は、冷蔵保管。翌日までにお召し上がりください

レシピを動画でチェック


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。