芋ようかん(しっとりタイプ)のレシピ/作り方

今回のレシピは東京・舟和の芋ようかん風。さつまいもと砂糖のみで作るしっとり濃厚タイプです。ぜひお試しください

調理時間:1時間半

芋ようかんの材料

玉子豆腐器(7.5cm×12cm) 1個分

  • さつまいも:200g(裏漉した量)
  • 上白糖:20g(さつまいもの量の10%)
  • 塩:少々

さつまいもの目安量:安納芋なら大きめ1個で、裏漉しが約200gになります

MEMO

しっとりタイプの芋ようかんにおすすめのさつまいもは、「安納芋」「紅はるか」「シルクスイート」などです。

※真ん中と左側のいもが安納芋です

芋ようかんの作り方

1. さつまいもを蒸す(40~50分)

さつまいもを洗い、皮つきのまま(大きい場合は半分にカットして)、沸騰した蒸し器に入れます。火加減は弱火でじっくりと蒸します。竹串をさして、すっと入ればOKです。火を止め、15分ほど蒸らします。

さつまいもの蒸し方について詳しくは

さつまいもの甘さを引き出す調理法は?

2. さつまいもを裏漉す

さつまいもの皮をむきます。皮はなるべく厚く剥いてください。皮のすぐ下に太い繊維があります。

皮をむき、適当なサイズにカットします。裏漉し器に芋をのせ、裏漉しします。裏漉し器はメッシュ20~30を使います。

3. さつまいもの量を計る

裏漉した後、さつまいもの量を計り、200g分をボウルに入れます

4. 砂糖を加える

さつまいもに、砂糖を加えて、混ぜ合わせます。いもがなるべく温かいうちに混ぜ合わせます。冷えた場合は、電子レンジで軽く温めてから砂糖を加えます。

芋がしっとりとした状態になるまで、練り混ぜます。

5. 型に押し入れる

玉子豆腐器にラップやクッキングシートを敷き、芋ようかんを入れます。型には隙間のないように押し詰めてください。

上にラップを敷き、平らな板状のもので強く押して固めます

6. 冷蔵庫で芋ようかんを冷やす

冷蔵庫で冷やし固めます。固まった後に、型から出し、好みのサイズにカットして完成です

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です