あんみつの作り方

あんみつの寒天は固めがお好きですか?ゆるめがお好みですか?

お店によっても固め、ゆるめが分かれます。私は割と固めが好きです

手作りなら、寒天の固さも自由自在です。固めがお好きな方は、今回ご紹介のレシピ通りに、ゆるめがお好きな方は水の量を400gに変更してください。

寒天もあんも蜜もえんどう豆も手作り。ぜひお試しください!

※寒天と赤えんどう豆は、水で戻してから使います(戻し時間は半日程度)

あんみつの材料と道具

材料:2~3人分

<寒天>
・糸寒天または棒寒天:3g(水の1.0%)
・水:300g

あんこラボ
あんこラボ

やや柔らかめの寒天になります

固めがお好きなの方は、水を250~270gにしてください

糸寒天、棒寒天、粉寒天の違いはこちらをご参考に

【寒天②】粉寒天、棒寒天、糸寒天、何が違うの?違いを5つ、まとめました

<あん>
・こしあんまたはつぶあん:60g(30g×2人分)

<赤えんどう豆>
・ゆでた赤えんどう豆:10~15粒程度

<黒蜜>
・黒糖:50g
・上白糖:50g
・湯:100g

道具

玉子豆腐器(12×7.5cmサイズ)
・ボウル
・ザル
・鍋
・ヘラ

あんみつの作り方

1. 寒天を作る

糸寒天または棒寒天をハサミでカットし、4g分を用意します。

ボウルに寒天と水(分量外。寒天が充分に漬かる量でOKです)を入れ、6時間ほど置きます。夏は冷蔵庫に入れてください

寒天が戻ったら、戻した寒天を流水で洗い、鍋に入れ、分量の水を加えます

強火にかけ、沸騰させます。沸騰したら、3分程中火にかけください(吹きこぼれないよう、火加減は調節してください)
沸騰したら、ヘラで混ぜ、寒天を溶かします

3分後、寒天の煮残りが無いかどうかを確認し、火を止めます

ボウルにザルをのせ、寒天液を漉します

型に流し入れ、常温または冷蔵庫に2時間以上置き、冷やし固めます

寒天が固まったら、型から取り出し、サイコロ状にカットします

型から寒天を取り出し、サイコロ状にカットして完成です。寒天は要冷蔵です

2. 赤えんどう豆の作り方

ボウルに赤えんどう豆と水(豆が充分に漬かる量)を入れ、半日以上置き、豆を戻します

豆を洗い、鍋に水と共に入れ、ゆでます。途中で重曹を加え、柔らかくなるまで25分ほどゆでてください

作り方、詳しくは下記をご参照ください

赤えんどう豆のゆで方(鍋ゆで)

3. 黒蜜の作り方

黒糖と上白糖、湯を鍋に入れ、煮詰めて出来上がりです

作り方の詳細は下記をご参考に

黒蜜の作り方

4. 盛り付け

器に寒天60~70g/1人分を入れ、えんどう豆とあん、その他フルーツや白玉団子、求肥などをトッピングします

黒蜜はシロップ用のピッチャーに入れて、完成です

テイクアウトはあんみつ専用の容器に入れます

フルーツ白玉あんみつ
みつ豆
フルーツ白玉あんみつ
豆かん

おすすめのあんみつ容器はコチラ。教室でも使っています。カップと蓋、中皿は別売りです

黒蜜を入れる容器は、タレビン角大(33ml)または角中(12ml)がおすすめ。ロット数多いですが・・・

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。