あんみつの寒天の作り方

あんみつ用の寒天を手作りしてみませんか?

糸寒天または棒寒天を使うと美味しい寒天が出来上がりますよ。

作り方のポイントは寒天をきちんと戻すことと、水を正確に計量することです。

あんみつの材料と道具

材料:玉子豆腐器12×7.5cm1缶分(2人分)

・糸寒天または棒寒天:4g(水の1.2%)

・水:330g

※水と寒天の割合で、寒天の固さが決まります。今回のレシピは水に対する寒天の量を1.2%にしています。

道具

・玉子豆腐器(12×7.5cmサイズ)

・ボウル

・ザル

・鍋

・ヘラ

あんみつの寒天の作り方

下準備

①寒天を計る
糸寒天または棒寒天をハサミでカットし、ボウルに入れ、計量します。

②寒天を水に漬ける
ボウルに充分な量の水を加え、そのまま置きます
浸水時間は約6時間です。夏は冷蔵庫に入れておいてください

※時間がない場合は、お湯(40℃程度)に浸けるといくぶん早く戻ります

寒天の詳しい使い方はコチラもご参考に

【寒天③】寒天の基本の使い方 【寒天②】粉寒天、棒寒天、糸寒天、何が違うの?違いを5つ、まとめました 【寒天①】覚えておきたい、寒天の基礎知識

糸寒天を煮溶かす

①戻した寒天を流水で洗います

②鍋に寒天を入れ、分量の水(330g)を加えます

③強火にかけ、沸騰させます

④沸騰したら、3分程中火にかけておきます(吹きこぼれないよう、火加減は調節してください)
途中で、ヘラを使いかきまぜ、寒天を溶かします

⑤3分たったら、寒天の煮残りが無いかどうかを確認し、火を止めます

漉して、型に流す

①ボウルにザルをのせ、溶かした寒天液を漉し入れます

②型に流し入れ、常温または冷蔵庫で冷やし固めます

あんみつに欠かせない!白玉団子、黒蜜、豆のレシピ

基本の白玉だんごの作り方 黒蜜の作り方 赤えんどう豆のゆで方(圧力鍋)

 

あんや、フルーツ、白玉、えんどう豆などをのせて、蜜をかけてお召し上がりください

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です