水ようかんの作り方/レシピ

水ようかん

夏の和菓子の定番、水ようかん。粉寒天を使うレシピが一般的ですが、和菓子屋さんのようなとろりとした美味しい水ようかんにはなりません。その原因は粉寒天にあります。

粉寒天はどんなにレシピを工夫しても、寒天ならではおいしい粘りは出ません。粘りのあるようかんを作るには「糸寒天」か「棒寒天」を使います。

調理時間:30分(固める時間を除く)

水ようかんの材料と作り方

材料(玉子豆腐器12×7.5cm 1缶分)

〇糸寒天 :1.6g

〇水   :200g

〇上白糖 :40g

〇こしあん:200g

水ようかんにおすすめの糸寒天とは?

 

寒天は3種類。棒寒天、糸寒天、粉寒天があります。羊羹作りに最もオススメなのが、糸寒天。原材料はテングサ100%で、最も粘り気があり、羊羹本来のおいしさを味わうことができます。3種類の寒天の特徴や違いについては、下記のページでもご紹介しています。ぜひご参考に

 

糸寒天

 

和菓子材料のご紹介:寒天の使い方をまとめました 寒天にも種類ありますーこれは知っておきたい寒天の種類と特徴

作り方

1)糸寒天を水で戻す(6時間前)

糸寒天をボウルに入れ、たっぷりの水を注ぎ、寒天を戻します。浸水時間は約6時間。

 

2)糸寒天を煮溶かす

 

鍋に、糸寒天と分量の水を入れ、中火~強火にかけます。沸騰後、2~3分ほど火にかけ、寒天を完全に溶かします

 

3)砂糖を加える

 

寒天が溶けたら、砂糖を入れます。砂糖が溶けたら火を止めます。

 

4)こしあんに寒天液を加える

ボウルにこしあんを入れ、裏漉した寒天液を加え、よく混ぜます

 

5)鍋で煮詰める

鍋に戻し入れ、軽くとろみがつくまで、煮詰めます。

 

6)ボウルで冷やす

煮つめた水ようかんをボウルに入れます。

大きめのボウルに冷水を張り、その中で水ようかんを冷します。40℃程度まで冷やしてください

 

7) 型に入れ、固める

型に流し入れ、冷蔵庫で冷やし固めます(3時間程)

寒天は常温でも固まりますが、おいしく食べるには冷蔵庫で冷やすのが一番。

保管は冷蔵庫で。3日以内にお召し上がりください

 

動画でも見られます

 

抹茶水ようかんのレシピもあります

水ようかんのアレンジレシピ:抹茶水ようかん の作り方

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です