水羊羹の作り方

子供の頃、水羊羹と言えば中村屋さんの缶入り水羊羹でした。蓋を開けて、添付のスプーンで食べるのが楽しみの一つ。最近は缶入りを見かける機会も少なくなりましたね。

とらやさんやたねやさんなど、いろいろな和菓子屋さんの水ようかんを食べましたが、一番記憶に残っているのは、名古屋「むらさきや」さんの水羊羹。口の中であっという間に溶けてしまった、儚く美味しい水ようかんでした。

水羊羹は手作りでもとっても美味しく出来ますよ!コツは寒天選びにあり。糸寒天または棒寒天を使ってください。

ぜひお試しください。

水羊羹の材料と道具

材料:玉子豆腐器(12×7.5cm) 1缶分

・糸寒天または棒寒天:1.6g
・水   :200g
・上白糖 :40g
・こしあん:200g

糸寒天、棒寒天、粉寒天の違いはこちらをご参考に

【寒天②】粉寒天、棒寒天、糸寒天、何が違うの?違いを5つ、まとめました

道具

・型(玉子豆腐器:12×7.5cm
・ボウル
・ザル
・ゴムベラ
・鍋

水羊羹の作り方

1. 寒天を水で戻す(6時間前)

糸寒天または棒寒天をハサミでカットし1.6gを計量します。

カットした寒天をボウルに入れ、分量外の水も入れ、6時間ほど浸水させておきます(糸寒天は束をほぐしてから入れると、寒天の戻りがよくなりますよ)

あんこラボ
あんこラボ

真夏は冷蔵庫に入れておきましょう

寒天の使い方の基本はこちらをご参考に

【寒天③】寒天の基本の使い方

2. 寒天を煮溶かし、砂糖を加える

寒天を流水で洗い、鍋に入れ、分量の水(200g)も加えます。

中火~強火にかけ、沸騰させます。火加減は中~強火。寒天をしっかりと煮溶かします。沸騰したら2~3分そのまま火にかけ、寒天を完全に溶かしてください

あんこラボ
あんこラボ

沸騰してからはやや吹きこぼれやすいので、ご注意くださいね

寒天が溶けたら、砂糖を加え、砂糖が溶けたら火を止めてください。寒天は砂糖を入れるとそれ以上、溶けなくなります。そのため寒天が完全に溶けてから、砂糖を加えてください

3. こしあんと合わせる

こしあんをボウルに入れ、寒天液をザルで漉し入れます。全体をへラで混ぜながら、こしあんを溶かしていきます

あんこラボ
あんこラボ

ザルで漉すと、寒天の溶け残りがあっても、ザルでキャッチできます

4. もう一度、火にかける

鍋に戻し入れます。火加減は中火で、沸騰したら火を止めます

5. ボウルで冷やす(→分離を防ぐ)

水羊羹をボウルに入れます

大きめのボウルに冷水を張り、その中にボウルを浮かべ、混ぜながら冷やします。もくもく湯気が見えなくなるまで冷やしてください(40℃程度)

あんこラボ
あんこラボ

冷やさずに型に流すと、固まる間に水とあんが分離してしまいます

6. 型に流し入れ、冷やし固める

玉子豆腐器に入れ、冷蔵庫で最低3時間冷します

寒天は常温でも固まりますが、冷蔵庫で冷やし固めるとさらに美味しくなりますよ

固まったら、型から出し、適当なサイズにカットして完成です

賞味期限は3日程度。要冷蔵です

レシピは動画でもどうぞ

水羊羹の作り方の補足

・水羊羹は要冷蔵で、作ってから3~4日以内に食べてください

・甘さ控えめがお好みの方は、砂糖の量を減らしても大丈夫です(入れなくても水ようかんは出来ます)

・型に流す前に、必ずボウルの中で40℃程度まで冷やしてください。冷やし過ぎると、ボウルの中で固まってしまうので、要注意です

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。