水ようかんのアレンジレシピ:抹茶水ようかん の作り方

水ようかんのアレンジレシピのご紹介です。白あんで抹茶の水ようかんを作ります。

調理時間:30分

抹茶水ようかんの材料

玉子豆腐器12cm×7.5cm1缶分

・白あん:250g

・上白糖:50g

・糸寒天:2g(水の0.8%)

・水  :250g

・抹茶 :2g

※あんと水が同量になります

抹茶は製菓用ではなく、飲用の抹茶がおすすめ

 

抹茶のお菓子を作る際によく使われるのが、製菓用の抹茶パウダー。しかし和菓子にはぜひ飲用の、いわゆる抹茶を点てるための抹茶をご使用ください。理由は和菓子は抹茶の味がストレートに出るから。洋菓子のように高温で焼くことはほぼなく、抹茶とあんを混ぜたり、抹茶を入れてからは加熱しないことも多いです。

 

おすすめは一保堂さんの薄茶用の抹茶「初昔」「若き白」など。一保堂さんの中ではお手頃価格の2品。とても美味しいです。

 

抹茶水ようかんの作り方

1. 下準備

抹茶を茶漉しでふるい、熱湯を加えて(8g 程度)溶かします。

 

抹茶の使い方、ポイント

 

抹茶は必ず茶漉しでふるってからお使いください。静電気でダマが出来やすくなります。さらに湯を加えて、抹茶を溶かしから使います。

特に水ようかんやアイスクリームなどの液体状のものに抹茶を加える場合は、抹茶を湯で溶かしてから加えます。これもダマ防止のためです。

 

 

2. 糸寒天を水で戻す(6時間前)

事前に浸水させ、糸寒天を戻しておきます

 

3. 糸寒天を煮溶かす

鍋に、糸寒天と水を入れ、火にかけます(中火~強火)。沸騰するまではヘラ等で寒天を触らないようにしてください

沸騰後、2~3分ほど火にかけ、寒天を完全に溶かします

 

4. 砂糖を入れ、火を止める

寒天が溶けたら、砂糖を入れます。砂糖が溶けたら火を止めます

(必ず、寒天が溶けてから砂糖を加えます。砂糖が入ると、それ以降、寒天は溶けなくなります)

 

 

5. 白あんに寒天液を入れる

ボウルに白あんを入れ、裏漉した寒天液を加え、よく混ぜます

 

6. 煮詰める

鍋に戻し入れ、軽くとろみがつくまで、煮詰めます

火を止めたら、抹茶を加えて、混ぜ合わせます(抹茶は火を止めてから加えてください)

 

7. ボウルで冷やす

水ようかんをボウルに流し入れます。大きめのボウルを別に用意し、冷水を張ります。その冷水の中に水ようかんのボウルを入れ、冷します。

ヘラで全体をよく混ぜながら、40℃程度まで冷やします。

水ようかん作りのポイントー分離を防ぐには?

 

水ようかんを固めて出来上がると、「えー、水とあんが分離している!」なんて経験ありませんか?

 

じつは比重の関係で起きること。水ようかんの中の「水」と「あん」の重さを比べると、あんの方が重いので、沈んでしまうのです。

 

これを防ぐためは、型に流す前に、ボウルの中である程度の温度まで冷やしてから、型に流し入れます。冷やす温度は40度前後。あまり冷やし過ぎるとボウルの中で固まってしまうので、ご注意ください。

 

8. 型に入れ、固める

型に流し入れます。寒天は常温でも固まりますが、おいしく食べるには冷蔵庫で3時間程冷やし固めてからお召し上がりください

 

糸寒天の使い方のポイント

和菓子材料のご紹介:寒天の使い方をまとめました
寒天にも種類ありますーこれは知っておきたい寒天の種類と特徴

 

定番の水ようかんのレシピもあります

水ようかん
水ようかんの作り方、糸寒天を使うともっと美味しくなるよ!

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です