粉寒天、棒寒天、糸寒天、何が違うの?違いを5つ、まとめてみました

寒天について、よくいただくご質問がコチラ。3つの寒天、何が違うの?

今日は違いについてまとめてみました。寒天の違いを知って、ぜひ使い分けてくださいね。

違いその①:形

形が違います。名前の通り、粉寒天は粉状、棒寒天は長い棒形、そして糸寒天は細い糸状です。

ちなみに棒寒天は1本あたり8g、糸寒天は1本約0.2gです。

 

違いその②:原材料

原材料が違います。

棒寒天と糸寒天は海藻の「天草」から作られています。(棒寒天は一部オゴノリも使われています)

一方、粉寒天は「オゴノリ」やそのほか海藻から作られています

違いその③:製造方法

製造方法が違います

棒寒天と糸寒天は、寒い冬に戸外で凍結・乾燥させて作られます。そのため、天然寒天とも呼ばれています。

一方の粉寒天は、工場で作られています。工業寒天とも呼ばれています。

棒寒天の作り方はコチラもご参考に!

【和菓子の旅】棒寒天作りの本場「長野・茅野」を訪ねる旅レポ

違いその④:お菓子の仕上がり

お菓子の仕上がりが違います

棒寒天・糸寒天は、粘りのあるお菓子が出来上がります

粉寒天は、コリコリとした食感の仕上がりになります。

いくら粉寒天を使って粘り気のある水ようかんを作ろうと思っても、そもそも無理なのです。

違いその⑤:使い方

使い方が違います

棒寒天・糸寒天は、浸水させ戻してから煮溶かします

粉寒天は、浸水させる必要はなく、水に振り入れ、煮溶かして使います

【和菓子の材料】寒天の基本の使い方とポイントをまとめました

ところで、棒寒天と糸寒天の違いは?

違いは形状(棒状か糸状か)です。

天草からところてんを作り、それを干して寒天を作りますが、ところてんを棒状にして干すか、糸状にして干すかの違いです。

さらに、原材料も一部異なります。糸寒天はほぼ天草から作られていますが、棒寒天は天草とオゴノリが使われています。

使い方や出来上がりなどはほぼ同じです。

主な産地は、棒寒天が長野・茅野、糸寒天は岐阜県。昔から茅野では棒寒天が、岐阜では糸寒天が作られてきたそうです。伝統でしょうか。

3種類の寒天、どうやって使い分けるの?

作る和菓子によって使い分けています。

ようかん、水ようかん、錦玉羹、あんみつなどを作る場合は、寒天独特の粘りが欲しいので、糸寒天か棒寒天を使うのがオススメです。

一方、あんを少し固めたい、あるいはツヤを出すため、寒天が溶けにくい材料を使う(甘酒など)場合は、粉寒天がオススメです。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です