しっかり歯ごたえ「煎茶あんみつ寒天」の作り方

あんみつ寒天のアレンジレシピ、「煎茶あんみつ寒天」の作り方をご紹介します。

煎茶の茶葉を使い、寒天にはほんのり美味しい苦みを加えています。

ぜひ、黒蜜をかけてお召し上がりください。5月の新茶シーズンにおススメです。

 

煎茶あんみつの材料/道具

材料:玉子豆腐器(12×7.5cm)1つ分(2~3人分)

<煎茶寒天>
・糸寒天:4g
・水:330g
・煎茶の茶葉:10g

<トッピング>
・黒蜜(黒糖:20g、白砂糖:20g、湯:40g)
・白玉団子
・つぶあん

道具

玉子豆腐器(小)
・鍋
・ボウル
・ゴムベラ
・裏漉し器

【和菓子の型】おすすめの流し缶(玉子豆腐器)

煎茶あんみつの作り方

下準備(6時間以上前)

1. 寒天を水で戻す

寒天4gを計量し、ボウルに水と共に入れ、寒天を戻します。6時間以上浸けてください。
※水は分量外。寒天がボウルの中で十分に浸かる分量を入れてください

寒天を煮溶かす

2. 寒天を洗う

寒天をザルにあけ、流水で洗います。洗い終わったら、絞って水気を取ります

3. 寒天を煮溶かす

鍋に寒天と分量の水を入れ、火にかけます。火加減は中~強火です。

沸騰したらやや火を弱め、そのまま2分間火にかけておきます。途中でヘラで混ぜながら、寒天を溶かします

4. 茶葉を加える

2分経ったら火を止め、茶葉を入れます。

蓋をして1分ほど蒸らします。

5. ボウルに漉し入れる

ボウルに裏漉し器をのせ、漉し入れます。

玉子豆腐器に流し入れます(茶葉が気になる場合は、茶漉しで漉します)

寒天を固める

粗熱が取れたら冷蔵庫に入れ、しっかりと冷やし固めます(2時間以上)

黒蜜を作る

黒糖と白砂糖(上白糖またはグラニュー糖)を20gずつ計量し、湯40gと共に鍋に入れ、中火にかけます

沸騰したら1分ほどで火を止めます。ボウルに入れ冷まします

仕上げ

寒天を適当なサイズにカットします。器に盛り付け、白玉だんご、つぶあんなどお好みでのせて、黒蜜をかけて完成です。

なお、あんみつ用のつぶあんはややゆるめが合います。少し水を加えて、あんをゆるくしておきます。

黒蜜、白玉だんご、つぶあんの作り方は下記をご覧ください。

黒蜜の作り方 基本の白玉だんごの作り方 基本の「つぶあん」の作り方

 

寒天の基本の使い方とポイントもご参考に

【和菓子の材料】寒天の基本の使い方
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です