【和菓子の材料を学ぶ・シリーズ】道明寺粉について

関西風の桜餅でおなじみの道明寺粉。形は粒状。米の粉の一つです。道明寺桜餅を作る前に、ぜひ道明寺粉について知っておきませんか?材料を知ってから和菓子を作ると、和菓子作りは格段に楽しくなりますよ!

道明寺粉とは?

道明寺粉の原材料はもち米です。もち米を蒸して餅を作り、乾燥させて、割ったもの。形は粒状です。

道明寺粉にはいくつか種類があり、粒のサイズによって分かれています。

・6割(1/6サイズに割ったもの)
・5割(1/5サイズに割ったもの)
・4割(1/4サイズに割ったもの)
・3割(1/3サイズに割ったもの)

数字が大きい方が、粒のサイズは小さいです。

最も使われるのが5割道明寺粉。京都では6割道明寺粉も見かけます。6割粒は非常に細かく、粒々な食感よりも滑らかさが勝り、滑らかなお餅が出来上がります。私も最近はすっかり6割の虜…


左が5割、右が6割。見た目の違いはやや分かりにくいですが…

 

道明寺粉の由来

道明寺粉は、大阪・藤井寺市にある道明寺に由来しています。寺の歴史は古く、菅原道真ゆかりのお寺。ここで最初に作られたので「道明寺粉」と名付けられました。別名、道明寺糒*(どうみょうじほしい)とも呼ばれています。

*糒とは、米を一度煮たり蒸して、乾燥させた飯。干飯とも書きます

お寺のホームページに道明寺粉の由来が紹介されていますので、ぜひご覧ください。

道明寺のホームページ
http://www.domyoji.jp/

 

道明寺粉を使った和菓子

道明寺粉の和菓子として、最も知られているのが桜餅ですね。道明寺粉をピンク色に染めて、あんを包み、桜の葉でくるんで作ります。

その他にも、1~2月に販売される「椿餅」、季節を問わず作られる道明寺の餅などがあります。茶席の和菓子としても重宝されています。

  

道明寺粉で和菓子作り

道明寺の和菓子はとても簡単にできます。水加減さえ気を付ければ、だれでも上手に作ることができます。

桜餅なら、ピンク色に染めて、桜の葉でくるめばOK。道明寺の餅なら、他の色に染めて、氷餅を回りにまぶせばOK。その他、椿の葉で挟む、あるいは片栗粉をまぶせば出来上ります。

道明寺の餅は、手につくため、何か(葉や氷餅)でくるむ、というのが基本になります。

 

道明寺粉の使い方のポイント

道明寺粉は、鍋でふやかしてから、蒸すのが一番美味しい作り方です。

鍋に道明寺粉、水、砂糖を入れ、混ぜます。火にかけ、ぽってりとした状態で火を止め、あとは蒸し器に入れて10分蒸せば出来上がります。

また、和菓子以外に道明寺蒸しなどおかず一品にも利用できます。私は出汁に入れ、吸い物の椀種として道明寺を活用しています。

道明寺粉のレシピ

まずは桜餅に挑戦してみましょう!

桜餅のレシピ

桜餅の作り方①:道明寺(関西風)

 

道明寺粉のご購入は

5割道明寺は富澤商店などで購入できます。桜餅の季節には4割も富澤商店にあります。

6割は和菓子材料処京都ヤマグチさんで購入できます

 

道明寺は柔らかさも2~3日はキープできるのが嬉しいところ。

大福などはすぐに固くなってしまいます。2~3日柔らかい、というのは本当にありがたいです。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です