栗の甘露煮の作り方

栗の甘露煮を作ってみませんか?栗のゆで時間はトータルでおよそ30~40分。栗は固そうに見えて、もろく壊れやすいもの。弱火でコトコト煮ることがポイントです。

栗の甘露煮があれば、栗蒸し羊羹や栗まんじゅうに、栗どら焼きなど。秋の和菓子作りが一層楽しくなりますよ。

栗の甘露煮の材料と道具

材料

・栗:約400g(約20個)
・砂糖:100g
・シロップ用の水:200g
・くちなしの実:1つ

くちなしの実を使うのはなぜ?

栗の甘露煮を黄色く仕上げるために、くちなしの実を使います。もちろん、実を使わなくても出来ますが、仕上がりの色の違いは歴然です。くちなしの実は、製菓材料店や大型スーパーで購入できます。

 

 

栗の変色防止には、焼きミョウバンを使います。皮をむいた栗を、焼きミョウバンを溶かした水に漬けると変色しにくくなります。なお、今回のレシピでは焼きミョウバンを使用していません。

焼きミョウバンはナスの漬物作りにも用いられます。ナスの変色防止に。

道具

・ボウル
・蓋
・鍋
・ナイフ
・落し蓋(クッキングペーパーで作ったもの)

栗甘露煮の作り方

レシピ動画を見る

1. 栗を湯に浸し、鬼皮を柔らかくする

栗を洗いボウルに入れ、熱湯を注ぎ、蓋をして5分間置きます。湯に浸すと、鬼皮はいくぶん柔らかくなります。

 

2. 鬼皮と渋皮をむく

栗の頭をハサミで切り込みを入れ、ナイフで鬼皮をむきます。続いて、渋皮をむきます。指を切らないようにご注意ください。

20個分の皮をむくのに、約1時間かかりました…

むいた栗は水に漬けておきます

3. くちなしの実を準備する

くちなしの実をはさみで半分に割ります

4. 栗を下ゆでする(15~20分)

鍋に、栗と割ったくちなしの実を入れ、栗がかぶる量の水を入れます。

火にかけ、沸騰までは中火で。沸騰したら弱火にして、落し蓋をしてコトコトとゆでます(15~20分)。

栗を竹串で刺し、柔らかくなったら、火を止めます。
※ゆですぎると、栗が割れます

5. シロップを作る

別の鍋に水200gと砂糖100gを入れ、沸騰させます

5. シロップの中で栗を煮る(20分)

シロップの鍋に柔らかくなった栗を入れ、落し蓋を置き、ごく弱火で20分ほどゆでます

6. 瓶に入れる

煮沸した瓶に栗とシロップを入れ、冷えたら、冷蔵庫で保管します

賞味期限は冷蔵保管で1週間です。

甘さ控えめなので、栗の甘露煮だけを食べても美味しいですよ。

そのほか、栗のレシピは下記もご参考に

秋は栗。栗の和菓子・ごはんのレシピをリストにしました
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です