きびもちの作り方

8月1日八朔。旧暦の8月下旬~9月上旬に当たります。

八朔には昔から五穀豊穣や無病息災を祈る風習があったそうです。今でも伊勢の赤福さんでは、五穀豊穣を願い粟もちがふるまわれています。

八朔にちなみ、お家でも五穀豊穣や無病息災を願って、きびもちを作ってみませんか。きびは炊飯器を使って炊くと、ふんわりもっちり柔らかく炊きあがります

きびもちの材料と道具

材料:ひと口サイズで9個分

・もちきび:80g
・水:96g(きびの1.2倍)

・きなこやはったい粉:適量
・上白糖(きなこ用):少々

・あん(3個分):60g

翌日まで日持ちさせたい場合
・砂糖:8g

あんこラボ
あんこラボ

きびには「もちきび」と「うるちきび」があり、和菓子にはもちきびを使います。ただ、うるちきびはあまり見かけないので、きびはほぼ「もちきび」です

あんこラボ
あんこラボ

きびは実の粒が黄色い=黄実が語源だそうです

道具

・ボウル
・目の細かいザル(裏漉し網など)
・炊飯器
・しゃもじ
・バット

あんこラボ
あんこラボ

ザルはきびを洗う際に使います。なるべく目の細かいザルを使うと、洗いやすいですよ

きびもちの作り方

1. きびを洗う

ボウルと目の細かいザルを用意し、きびを入れ、水でよく洗います。水の濁りが減るまで、水を8回ほど変えて洗ってください

あんこラボ
あんこラボ

きびはぬめりが残るので、水の濁りが取れるまでしっかりと洗います

ザルにあけ、水切りします

2. きびを炊飯器で炊

炊飯器の釜にきび、水96g(砂糖を入れる場合は8g)を入れます

あんこラボ
あんこラボ

砂糖を入れると翌日まで柔らかく食べられます

あんこラボ
あんこラボ

特に炊飯前の吸水は不要です。家庭用の炊飯器は吸水時間込みの炊飯時間なので、釜をセットしたらスイッチを押します

炊飯器のスイッチを押し、炊きあがりを待ちます

 

きびを炊飯している間に、きなこと砂糖少々をボウルに入れて混ぜ、あんを3個分丸めておきます

あんこラボ
あんこラボ

きなこだけでなく、はったい粉もおすすめです

3. きびを軽く搗く

きびが炊きあがったら、ボウルに入れ、しゃもじで軽く搗き混ぜます(軽く粘りが出たらOKです)

きびが炊きあがりました
あんこラボ
あんこラボ

きびの炊きあがりは、とうもろこしのような香りがします。同じイネ科の植物だから、匂いも似ているのでしょうか?とうもろこしも「とうきび」と呼ぶし…

 

手水を用意し、手を濡らしながら、きびを9等分し丸めます

きびを丸めたら、きなこのボウルに入れ、まぶします

3個分はあんで包みます

あんこラボ
あんこラボ

あんできびもちを包む場合は、底辺まであんで包む必要はありません。おかっぱ頭のような感じで包んでください

完成です。きびもちもお早めに(出来たら当日中)お召し上がりください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。