翌日も柔らかい!「柏餅」の作り方

柏餅作りの悩みは「すぐに固くなってしまう」こと。特に上新粉で作る昔ながらの柏餅は本当に早いです(上新粉の性質を考えれば、当然なのですが…)

今回は、そんな悩みを解決するべく、翌日も柔らかい柏餅の作り方をご紹介します。しかも歯切れよい弾力感もあります。

作り方のポイントは2つ。このポイントを押さえれば、驚くほど美味しい柏餅が出来上がりますよ。今年の端午の節句、手作りの柏餅に挑戦してみませんか?

柏餅の材料と道具

材料:4個分

〇生地
・上新粉:50g
・白玉粉(A):5g
・水(A):46g
・白玉粉(B):5g
・水(B):8g

〇中あん
・漉あん、粒あん、味噌あんなど:80g(20g×4個分)

〇柏の葉:4枚

味噌あんの作り方はコチラをご参考に
柏餅や花びら餅に【味噌あんレシピ】

道具

・蒸し器
・手ぬぐいまたは布巾など
・ボウル
・ゴムベラ
・木ベラ

柏餅の作り方

作り方のポイント

ポイント1:白玉粉は2回に分けて加える

1回目は上新粉と合わせる時に入れ、2回目は蒸した後に加えます。2回に分けて入れることで、もちが柔らかくなり、成形やあん包みが楽になります。

ポイント2:二度蒸しする

白玉粉と上新粉を混ぜたものを一度蒸します(蒸し時間:15分)。

そしてもちを成形した後に、もう一度蒸し器で蒸してください(蒸し時間:5分)

レシピ動画を見る

下準備

蒸し器を沸騰させておきます

1. 生地を作る

白玉粉、水、上新粉を混ぜる

ボウルに白玉粉(A)と水(A)を入れ、ゴムベラで混ぜます。続いて上新粉も加え、こねます。

     

2. 蒸す(中~強火/15分)

生地を4等分にする

生地を4等分し、小判型にします(早く蒸し上がります)

蒸す

蒸し器に濡らした手ぬぐいを置き、生地を並べ、手ぬぐいをかけて蓋をします。中火~強火で15分蒸してください

3. 生地をこねる

もちをこねる

蒸し上がったもちをボウルに入れ、木べらでこねます。一つにまとまるようにこねてください

冷水に浸け、冷ます

ボウルに冷水を入れ、その中にもちを入れます
※もちを急冷することで、弾力が出ます

白玉粉を加える

白玉粉(B)に水(B)を入れ混ぜます。

冷やしたもちを入れ、手でこね合わせます。表面が滑らかな状態になるまで、よくこねてください

4. あんを包む

あんともちを分け、丸める

あんともちをそれぞれ4等分し、丸めておきます

あんを包む

手のひらでもちを楕円形に広げ、あんをのせ、端を閉じます。

あんを包んだら、濡れた手ぬぐいの上に並べて置きます

5. 蒸す(中火/5分)

蒸す

蒸し器を沸騰させ、もちを入れ、中火で蒸します

途中で蓋を2回開ける

途中で蓋を開けます。1回目は火をつけてから2分後、2回目はそこから1分後です。

蓋を開け、2秒ほどたったら蓋を閉めてください。蒸し器内の温度を下げることで、もちの表面に細かい穴が開くことを防ぎます

トータルで5分蒸したら、火を止めます。

もちを冷ます

蒸し上がったらもちを濡れた手ぬぐいの上にのせ、冷ましてください

6. 柏の葉で包む

あらかじめ柏の葉を洗っておきます。

もちが完全に冷めたら、柏の葉で包み、完成です。

 

柏餅はなぜ柏の葉を使うのか?

柏はブナ科の落葉樹ですが、葉は秋に枯れても春の新芽が出るまで落ちません。代が途切れないことから「子孫繁栄」で縁起がいいとのことで、柏餅が出来ました。特に江戸の武家社会で広まったそうです。

なお、九州など柏の木がない地域では、山帰来の葉が使われています。

柏の葉は、富澤商店などの製菓材料店で購入できます。
 TOMIZ(富澤商店)オンラインショップ

柏の葉には、生と乾燥タイプの2種類があります。柏餅作りのシーズンには生タイプ(緑色と茶色の2種類)を購入できますが、それ以外の時期は乾燥タイプを入手できます。
乾燥の場合は、ゆで戻してから使ってください。


上が緑、下が茶色タイプです

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です