さつまいものきんつばのレシピ/作り方

さつまいもを使って和菓子を作るなら、ぜひおすすめしたいのが「きんつば」。さつまいものほっこり甘さを白い衣で閉じ込めた、優しい味の和菓子です。ぜひお試しください。

調理時間:2時間

さつまいものきんつばの材料

6個分/玉子豆腐器1個分

・さつまいもを蒸して裏漉したもの:100g

(目安:安納芋のやや大きめ2個分で100gの裏漉しができます)

・上白糖:10g

・薄力粉:10g

・きんつばの衣

– 薄力粉:30g

– 水:40g

– 上白糖:5g

※さつまいもは安納芋やシルクスイート、紅はるかなどがオススメです

さつまいものきんつばのレシピ/作り方

1. さつまいもを蒸す(30分)

さつまいもを洗い、皮つきのまま(大きい場合は半分にカットして)、沸騰した蒸し器に入れます。火加減は弱火で、30分以上かけてじっくりと蒸します。

竹串をさして、すっと入ればOKです。ただし、蒸し過ぎるとさつまいもが余分な水分を含み、かなり柔らかい状態になってしまいます。蒸し過ぎないようにご注意ください

2. さつまいもを裏漉す

裏漉す前に、さつまいもの皮をむきます。皮はなるべく厚く剥いてください。皮のすぐ下に太い繊維があるため、その繊維を取り除くために厚くむきます。

皮をむいた後は、適当なサイズにカットし、裏漉します。裏漉し器はメッシュ20~30を使います。

裏漉した後、さつまいもの量を計り、100g分をボウルに入れます

 

3. 砂糖を加える

さつまいもに、砂糖を加えて、混ぜ合わせます。

なるべく熱いうちに混ぜ合わせましょう。冷えてしまうと砂糖が溶けなくなります。冷えた場合は、電子レンジで軽く温めます。

4. 蒸しようかんを作る

さつまいもに薄力粉を加え、よく練り混ぜ、玉子豆腐器などの型に入れます

沸騰した蒸し器で、約30分蒸します(火加減は中火)

 

5. ようかんの粗熱を取り、カットする

蒸し上がったら冷まし、粗熱を取り、四角形にカットします

6. きんつばの衣を作る

ボウルに薄力粉、上白糖、水を入れ、ホイッパーで混ぜ合わせておきます

7. きんつばを焼く

フライパンまたはホットプレートで焼きます(ホットプレートで焼く場合は、温度を140~150℃に設定します)

さつまいもようかんの一辺に衣をつけます。衣をつけるのは一辺ずつ。つけては焼きを繰り返します。

側面から衣をつけて、最後に上下面につけて焼くと、焼きやすいです。

粗熱が取れたら、完成です。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です