六方焼きの作り方

京都の中村軒さんで、見事な焼き色の六方焼きを見て以来、六方焼きの虜になりました。なぜこんなにもきつね色の焼き色に、魅了されるのでしょうか。

六方焼きは卵、砂糖、薄力粉、重曹で生地を作り、あんを包み、六面体に焼きます。

六方焼きの発祥は不明。おそらく同じ六面体の「金つば」をアレンジして、出来たのではないかと推測されます。

六方焼きの材料と道具

材料:4個分

<生地>
・卵黄または全卵:15g
・砂糖:15g
・重曹:0.3g
・薄力粉:32g
(・水あめ又は蜂蜜:約1g)

<中餡>
・こしあん:80g(20g×4個)

<手粉>
・薄力粉

道具

・ボウル
・ゴムベラ
・粉ふるい
・バット
・フライパン

六方焼きの作り方

レシピ動画

生地を作る

1. 卵と砂糖をすり混ぜる

ボウルに全卵または卵黄と砂糖を入れ、すり混ぜます。道具はゴムベラでもホイッパーでもどちらでもOKです

あれば、水あめまたは蜂蜜を加え、混ぜます

2. 重曹を加える

重曹を微量の水で溶かし、ボウルに入れ、混ぜ合わせます

      

3. 薄力粉を加える

薄力粉をふるい入れます。

ふるい入れたら、ゴムベラでさっくりと混ぜてください。ただし、粉が見えなくなるまで、しっかりと混ぜておきます

5. 生地を休ませる

ボウルにラップをかけ、生地を30分ほど休ませます

あんを包む

6. あらかじめ、あんを4個分丸めておきます

7. 手粉をまぶす

バットに手粉の薄力粉を置き、生地をのせ、全体に粉をまぶします

8. あんを包む

生地を4等分し、丸めておきます

生地であんを1つずつ包んでいきます。包んだら、バットの粉の上に置きます

 

焼く

9. 焼いて、六面体を作る

ホットプレートやフライパンを温め、軽く油を敷き、焼いていきます。焼く順番は、上下面を焼いてからサイド面です。

フライパンが温まったら火加減を弱~中火にして、フライパンにのせ、軽く上から押します。1分以上焼き、色が付いたらひっくり返します。上下面が焼けたら、サイドを一面ずつ焼いていきます。

生焼けにならないように、一面あたり最低1分は焼いてください

焼きあがったら、網にのせて冷まします。焼き上がりはサクサクとした食感ですが、翌日にはしっとりした食感へと変わります。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です