あんの渋切りとは

あん作りにおいて大切な工程があります。その1つが「渋切り」。

レシピ本にも必ず書かれている渋切りですが、そのタイミングや回数は人それぞれ。

そもそも何のために渋切りを行うのか、よく分からずに渋を切っていることもあります。

今回は、渋切りはなぜ行うのか?そしてその方法など渋切りの基本をご紹介します!

あんを作る渋切りの基本

渋切りとは何か?

渋は、小豆の皮に含まれる渋味のこと。成分はタンニンなどで、フルーツの柿の渋と同じですね。この渋味成分を取り除くことが、渋切りです。

この渋を取り除かなければ、あんは渋くて全然美味しくありません。以前に圧力鍋を使い、渋切らずあんを作ってみましたが、あまりの渋さにビックリ。渋切りの大切さを改めて実感しました。

あんを作る際には、必ず渋を取り除きます。


小豆の赤い皮に、渋味成分が含まれています

渋切りの方法

小豆をゆでていると、最初は透明だったゆで汁が段々と赤くなります。その赤が渋味成分です。

ある程度ゆで汁が赤くなったら、ザルにゆでこぼします(→ゆで汁を捨てる)。これが渋切りになります。

ゆでこぼした後は、豆を流水(→湯を使っています)で洗い、渋を除きます。

渋切りのタイミングと回数

「いつ渋切を行うのか」「何回行うのか」は人によってさまざま。沸騰してからすぐに行う人もいれば、2~3回行う人もいます。

正解はありません。それぞれのあんの仕上がりの好みによります。

渋切りを何度も行うと、小豆の風味も減ってしまいますし、タイミングは沸騰してからすぐだと、充分に渋が出ていないので、ある程度出てから行うのがよいのではないかと思っています。

私は、ある程度渋が出て、吸水の工程の最後に1回だけ行っています。


豆が膨れたタイミングで、1回だけ渋切しています

つぶあんの作り方はこちら

つぶあんの作り方

つぶあん作り、まだまだあります”コツ”

あんがパサパサしてしまう原因と解決法 あんに入れる砂糖の割合と種類 あんを焦がしてしまう原因と解決法

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。